Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  HP ProLiant サーバー > 導入する前のアドバイス

導入する前のアドバイス

1.2. HP ProLiantサーバーのハードウェアで提供されるメリット

製品&サービス

HP ProLiant

HP BladeSystem

HP ConvergedSystem

HP OneView

HP CloudSystem

HP Moonshot System

HP Apollo System

キャンペーン

オンラインストア

製品カタログ

Why HP ProLiant?

サーバー選定/構成

お客様事例

技術的な情報

サポート&サービス

販売店検索

旧製品情報

新着情報

メールニュース配信

販売特約店・販売店向け情報

日本HPサイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
New HP ProLiant Live 2014開催
Windows Server 2003をご利用のお客様を対象に、最新サーバーの導入を支援するキャンペーン実施中。
コンテンツに進む

1.2.3. HP ProLiantサーバーのハードウェア・その3 ― ファームウェア

コンピューター機器の制御に必要なソフトウェアなどを、ハードウェアの中に格納したものを、ファームウェアと呼びます。
ファーム(firm:固い、堅固な)という言葉は、ハードとソフトの間という意味をあらわしており、変更を行わないROMなどに入れられたソフトウェアをさすようになりました。x86サーバーでは、BIOSと呼ばれる入出力動作を行う基本的なプログラムなどを、ROMの中に格納しています。

HP ProLiantサーバーのファームウェアには、サーバー本体に搭載されているシステムROMと、アレイコントローラーなどオプション製品に搭載されているオプションROMの2種類があり、どちらも書き換えが可能なフラッシュROMを使用しています。
また、これらのシステムROMやオプションROMを更新する処理を、ROMフラッシュと呼びます。ROMフラッシュは、既存のバージョンのファームウェアをROMから削除し、より新しいバージョンに置き換えることです。ROMフラッシュにより、新機能のサポートや旧ROMバージョンの問題の修正などが行われます。

以下にHP ProLiantサーバーで実装されているファームウェア関連技術である、リダンダントROMとSMBIOSについての概要を記載します。

  • リダンダントROM
    リダンダントROMはHP ProLiantサーバーのシステムROMを二重化して、オリジナルのROMに問題がおこった場合に、バックアップROMに切り替えられる機能です。100シリーズを除く、多くのHP ProLiantサーバーで、リダンダントROMが標準でサポートされています。
    リダンダントROMは、オリジナルのROMとバックアップのROMのペアで構成されており、システムROMのアップデート時に、バックアップROMへ現在のシステムROMの内容を保存します。起動時にROMベースセットアップユーティリティで指定することで、このバックアップROMを利用することができます。
    たとえば、ネットワーク経由でシステムROMをROMフラッシュしている際に、ネットワーク接続が切れて失敗した場合、一般的にはシステムボードの交換が必要となりますが、HP ProLiantサーバーの場合にはバックアップROMによる起動とそれによる復元が可能です。
     
    リダンダントROM
    リダンダントROM

  • SMBIOS
    SMBIOS(System Management BIOS)仕様は、標準的なPC管理情報のアクセス方法やフォーマットを定義したもので、これにより、マザーボードベンダーやシステムベンダーの各社で提供する管理情報を、さまざまな管理ツールから利用できます。
    HP ProLiantサーバーのシステムファームウェアでは、これらの標準的な情報を提供するだけではなく、システム上にどのようなコンポーネントが存在し、設定されているかという一覧をPOSTの際に作成しています。これらの基本情報の一覧は、HPの診断ツールやシステム管理用のドライバーなどから利用できるようになっており、より詳細なサーバー管理や障害解析に役立ちます。

目次へ戻る 戻る 次のページへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡