Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  HP ProLiant サーバー > 導入する前のアドバイス

導入する前のアドバイス

1.3. x86サーバーにおける一般的な規格および用語

製品&サービス

HP ProLiant

製品情報

HP BladeSystem

製品情報

HP ConvergedSystem
HP OneView
HP CloudSystem

キャンペーン

オンラインストア

製品カタログ

Why HP ProLiant?

サーバー選定/構成

お客様事例

技術的な情報

サポート&サービス

販売店検索

旧製品情報

新着情報

メールニュース配信

販売特約店・販売店向け情報

日本HPサイトマップ

 
コンテンツに進む

1.3.2. メモリ

ここではx86サーバーにおける一般的な技術用語のなかで、メモリに関係するものをまとめています。メモリに関するより詳細な情報に関しては、「メモリテクノロジーの進化: システムメモリ テクノロジーの概要 技術概要、第4版」または関連するTechnology Papers(英語)を御覧ください。

  • DRAMとSRAM
    ともにRAMの種類を表す用語です。DRAMはDynamic RAM、SRAMはStatic RAMを指しており、DRAMはSRAMと比較して、安価で大容量メモリを実装できますが、読み書き動作は低速となります。x86サーバーのメインメモリにはDRAMが使用されています。

  • DRAMの種類
    以前はシステムクロックと同期していない非同期方式のFPM DRAMやEDO DRAMがDRAMの主流として使用されていましたが、現在は一般的にシステムクロックと同期して動作するSDRAM(Synchronous DRAM)が業界標準となっています。初代のSDRAMはメモリバスクロックに完全に同期したデータ転送を行っていましたが、より高速なデータ転送速度を実現するために、メモリバスクロックの2倍でデータを転送できるDDR SDRAM(Double Data Rate SDRAM)が後継として規格化されました。現在はDDR SDRAMを低電力化してより高いメモリバスクロックへ対応できるように改善した、DDR2 SDRAMおよびDDR3 SDRAMが主流となっています。
     
    DRAMチップ
    DRAMチップ

  • DIMM
    DIMMとは、Dual Inline Memory Moduleの略で、サーバーにメインメモリとして装着する、SDRAMチップが搭載されたメモリモジュール全般を指す用語です。(コネクター部分の金属端子が両面に実装されているため、そのように呼ばれます。)実際のモジュール名は搭載されるSDRAMの種類とデータ転送レート(MB/秒)によって決定されるので、モジュール名からメモリの性能を推測することが可能となっています。たとえば、PC2-6400はDDR2 SDRAMを搭載した6400MB(6.4GB)/秒のデータ転送レート、PC3-10600はDDR3 SDRAMを搭載した10600MB(10.6GB)/秒のデータ転送レートを持つことを示しています。通常、サーバーではECC機能(メモリモジュール単体のエラー検出・訂正機能)をもつDIMMが使用され、装着可能なモジュールの種類は限定されていますので、メモリを増設する際にはご注意ください。
     
    DIMM
    DIMM

    DRAM種別 コンポーネント名 モジュール名 バス速度 最大帯域幅
    DDR DDR200 PC1600 100MHz 1.6GB/s
    DDR266 PC2100 133MHz 2.1GB/s
    DDR333 PC2700 166MHz 2.7GB/s
    DDR400 PC3200 200MHz 3.2GB/s
    DDR2 DDR2-400 PC2-3200 200MHz 3.2GB/s
    DDR2-533 PC2-4200 266MHz 4.2GB/s
    DDR2-667 PC2-5300 333MHz 5.3GB/s
    DDR2-800 PC2-6400 400MHz 6.4GB/s
    DDR3 DDR3-800 PC3-6400 400MHz 6.4GB/s
    DDR3-1066 PC3-8500 533MHz 8.5GB/s
    DDR3-1333 PC3-10600 667MHz 10.6GB/s
    DDR3-1600 PC3-12800 800MHz 12.8GB/s
    DIMMの種類

  • FB DIMM
    FB DIMM(Fully-Buffered DIMM)は、メモリコントローラーとメモリモジュール間を双方向のシリアルインターフェイスで接続するメモリモジュールです。FB DIMMは業界標準となっているDDR-2 SDRAMチップをメモリコンポーネントとして搭載し、それらのパラレルインターフェイスとメモリコントローラーからのシリアルインターフェイスとの間で、メモリ制御コマンドとデータを転送するAMB(Advanced Memory Buffer)と呼ばれるチップを追加することで、容量とデータ転送速度と信頼性の向上を実現しています。
     
    FB DIMM
    FB DIMM

  • ランク
    メモリコントローラーがDIMM上のDRAMからデータを入出力する単位をランクと呼びます。現時点ではシングルランク(1R)、デュアルランク(2R)、クアッドランク(4R)のDIMMが存在します。複数のランクを持つDIMMは、物理的には1つのメモリスロットしか占有しませんが、メモリコントローラー上ではランク数分のシングルランクDIMMを搭載した状態と等価に扱われます。メモリコントローラーによって扱えるランク数に制限がありますので、複数のランクを持つDIMMを使用する場合には、搭載可能なDIMMの枚数が制限される場合があります。
     
    シングルランクとデュアルランク
    シングルランクとデュアルランクDIMM

目次へ戻る 戻る 次のページへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡