Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  HP ProLiant サーバー > 導入する前のアドバイス

導入する前のアドバイス

2.3. HP ProLiantサーバーのメリット

製品&サービス

HP ProLiant

HP BladeSystem

HP ConvergedSystem
HP OneView
HP CloudSystem

HP Moonshot System

キャンペーン

オンラインストア

製品カタログ

Why HP ProLiant?

サーバー選定/構成

お客様事例

技術的な情報

サポート&サービス

販売店検索

旧製品情報

新着情報

メールニュース配信

販売特約店・販売店向け情報

日本HPサイトマップ

 
コンテンツに進む

2.3.3. HP ProLiantサーバーのメリット・その3 ― 管理を容易にするHP Insight Foundation ソフトウェア

HPでは、HP ProLiantサーバーの効率的な管理を実現するための様々なユーティリティをHP Insight Foundationソフトウェアとして提供しています。数台のサーバーを個々に管理する際に使用するツールとしてSystem Management Homepageを、複数台のサーバーを集中的に管理するツールとしてHP Systems Insight Managerを用意して、サーバー台数の規模に応じた管理を可能にしています。また、各サーバーのファームウェアデバイスドライバーおよびユーティリティのバージョンを効率的に管理する仕組みとして、バージョンコントロールソフトウェアを提供しています。以下に、これらのHP ProLiantサーバー管理用ユーティリティを紹介します。
  • 個々のサーバーの管理
    − InsightマネジメントエージェントとSystem Management Homepage

    Insightマネジメントエージェント (以下IMA)は、ディスク、プロセッサー、メモリ、ファンなど、システムやサブシステムに関連する1000個以上のパラメーターを監視するソフトウェアで、インテル社のプロセッサーを搭載した100シリーズG6および200シリーズ以上のHP ProLiantサーバー上で動作します。IMAは一般的なWebブラウザーから参照できる、System Management Homepage (以下SMH)と呼ぶHTTPサーバーと連携することで、システムステータスの表示やハードウェアイベントログの確認といった管理タスクをネットワーク上のどこからでも行うことができる柔軟性をサーバー管理者へ提供します。また、IMAはSNMPプロトコルの標準および拡張MIBを使用してデバイスから得られる情報の種類を定義しているため、HP Systems Insight Managerを始めとするHPのMIBを利用可能なSNMPベースの管理プラットフォームへ容易に統合できます。
    IMAはHP事前予防保証プログラムの基盤となるソフトウェアとして位置づけられており、サーバーの保証期間内に、ディスク、プロセッサーまたはメモリの交換が必要な問題を検出した場合、HPはこれらのコンポーネントを無償で交換します。IMAとHP事前予防保証プログラムを組み合わせれば、サーバー障害の可能性を事前に知ることができ、コンポーネントを事前対策として早急に交換できるので、管理者は不要なダウンタイムを回避できます。
    SMHの詳細については、製品ホームページを御覧ください。

    System Management Homepage
    System Management Homepage

  • 複数台のサーバーをまとめて管理 ― HP Systems Insight Manager
    HP Systems Insight Manager (以下HP SIM)は、Windows、Linux、またはHP-UXが動作する、HP ProLiant、Integrity、HP9000などのHPサーバープラットフォーム全般の管理に必須の機能を備えています。HP SIMはSNMPDMI、およびWBEMといった標準的な管理プロトコルをサポートし、個々のHP ProLiantサーバーの管理で使用するInsightマネジメントエージェントとSystem Management Homepageと連携することで、複数台のHP ProLiantサーバーを効率的に管理することができます。
    管理者の様々な作業タスクに柔軟に対応できるように、HP SIMには、コマンドラインインタフェイスと直感的なWebベースのGUIの2種類のアクセスモードが用意されています。また、HP SIMはモジュラーアーキテクチャーを採用しているため、後で必要に応じて機能をプラグインで追加することも容易です。
    SIMは無償で利用可能なHPサーバープラットフォーム管理用ソフトウェアです。詳細については、製品ホームページを御覧ください。

    Systems Insight Manager
    HP Systems Insight Manager

  • ハードウェア関連の情報収集 − インテグレーテッドマネジメントログ
    インテグレーテッドマネジメントログ (以下IML)は、100シリーズを除くHP ProLiantサーバーのハードウェア関連のイベント(通常システムには発生しない現象)を収集する機能です。 ProLiant Support Pack内に含まれるデバイスドライバーにより検出されたハードウェア関連のイベントは、HP ProLiantサーバー本体のNVRAMに格納されて、各種ユーティリティ(インテグレーテッドマネジメントログビューア、およびInsightマネジメントエージェントやHP Systems Insight Manager等)から参照することができます。IMLに記録される情報には、イベントの説明、イベントの発生回数、イベントが最初に発生した日時、イベントが最後に更新された日時などがあり、その状態がステータス、訂正済み、危険、クリティカルといった4段階に分類されるため、管理者は対処が必要なハードウェアイベントが発生しているかどうかを一目で把握できます。(HP ProLiant 100シリーズは、Lights-Out 100を使用することで、ハードウェアイベントログ機能が利用可能となります。)

    インテグレーテッドマネジメントログ
    インテグレーテッドマネジメントログ

  • ソフトウェアの遠隔配布 ― Smart Update Manager
    Microsoft Windows, Linux, Novell Netwareの各OSのProLiant Support Packには専用の展開ツールが含まれており、ローカルサーバーへSmartコンポーネントをインストールできるようになっていますが、Windows版はこの機能に加えて、リモートのサーバーにもSmartコンポーネントを展開できる機能をもっています。

    Smart Update Manager
    Smart Update Manager

  • HP製ソフトウェアのバージョン管理 ― バージョンコントロールソフトウェア
    古いデバイスドライバーや管理ソフトウェアが処理性能が出ない原因になる場合があります。一般にハードウェアデバイスドライバーや管理ソフトウェアのパフォーマンスは、時間が経つほど開発が最適化されて向上していきます。HPでは、新しいデバイスドライバーや管理ソフトウェアのダウンロードと適用を管理する様々な方法を開発してきました。シンプルな環境であれば、HPのWebサイト「サポート&ドライバー」のページにアクセスして、各コンピューターのアップデートを個別にダウンロードするのが最も効率的な方法です。また、SmartStart CDを利用するのも効率的です。大規模な環境や複雑な環境では、HP Systems Insight Manager、バージョンコントロールレポジトリマネージャ (以下VCRM)、およびバージョンコントロールエージェント (以下VCA)を組み合わせた集中リポジトリを構築して、一元的にHPシステムソフトウェアを配布するのが効率的です。 VCAはSystem Management Homepageと連携して動作して、VCAをインストールしたサーバーで利用可能なHP製ソフトウェアを一覧表示できるように設計されています。
    VCAは、利用可能なソフトウェアの単純な差分情報ではなく、アップデートの必要性(緊急性)を加味した、システムの信頼性に大きく寄与する情報を提供します。サーバー管理者はVCAをインストールしたサーバーへ、一般的なWebブラウザーを使用してアクセスし、VCRMで管理されたソフトウェアレポジトリからサーバーソフトウェアをインストール、比較、およびアップデートできます。

    バージョンコントロールソフトウェアの動作概要
    バージョンコントロールソフトウェアの動作概要


目次へ戻る 戻る 次のページへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡