Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品 & サービス  >  サーバー & システム  >  HP ProLiant サーバー   >  技術情報

whitepaper

技術資料

製品&サービス

HP ProLiant

製品情報

HP BladeSystem

製品情報

HP ConvergedSystem
HP OneView
HP CloudSystem

キャンペーン

オンラインストア

製品カタログ

Why HP ProLiant?

サーバー選定/構成

お客様事例

技術的な情報

サポート&サービス

販売店検索

旧製品情報

新着情報

メールニュース配信

販売特約店・販売店向け情報

日本HPサイトマップ

 
コンテンツに進む

HPバーチャルコネクトに関する誤解と真実(第2版)

HPバーチャルコネクトに関する誤解と真実(第2版)
このホワイトペーパーでは、HPのバーチャルコネクトテクノロジーを、データセンターネットワークにおける配備と使用において、よくいわれる根拠のない思い込み、誤解、否定的な意見について解説します。読者の方々が事実を見極めることができるように、それが正しいか誤っているかには関係なく、そうした一般的な主張に対する技術的な回答を提供します。

さらに、バーチャルコネクト機能について詳細に説明し、従来のLANおよびSANスイッチの配備と比べた場合の機能比較も記載されています。

つづきを読む(PDF 579 KB)

目次

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF 579 KB)

要約 3
対象読者 3
前提条件とバージョン 3
はじめに 3
根拠のない思い込み、誤解、否定的な意見 5
#1: VC Ethernetは単なる別のスイッチである 5
VCとサーバー仮想化ハイパーバイザーネットワークテクノロジーの比較 5
ハイパーバイザーコンポーネントの説明 5
#2: VC Ethernetは実際にはProCurveスイッチで、サードパーティ製ネットワークスイッチとは相互運用できない場合がある 7
#3: VC Ethernetはスパニングツリー(STP)をサポートしない 7
#4: VCはネットワーク上に重複したMACおよびWWNをもたらすことがある 7
#5: VCユーザーは既存のネットワーク管理ツール(たとえば、CiscoWorks)を利用できない 8
#6: VCは安全な外部管理を提供しない 8
#7: VC EthernetはプライベートVLANをサポートしない 8
#8: VCは複数のLACPチャネルに対して決定論的なロードバランシングを提供しない 9
#9: VC EthernetはサーバーブレードNICに対してVLANトランキングをサポートしない 9
#10: VC Ethernetまたはファイバーチャネルモジュールには非効率なハードウェア障害リカバリ(RMA)プロセスが必要である 9
#11: VCではネットワーク管理者はVCドメインを視覚的に監視できない 10
#12: VC配備の一貫性に関する多数のカスタマーエクスペリエンス問題 10
#13: VCは中断のないファームウェアアップグレード(「ホットコードロード」)をサポートしない 10
#14: VC Ethernetアップリンクで障害が発生した後でもHPサーバーブレードNICはアクティブなままである 11
#15: VCはHP独自仕様のテクノロジーであるため、VCによりユーザーは単一のブレードベンダーに縛られる 11
#16: VCモジュールは、フェイルオーバー中に転送されない個別のIPアドレスとマスター/スレーブ関係を形成する。複数のVCモジュールが存在する場合、トラフィックを転送するために1つのモジュールだけが選択される 11
#17: VCは限定された数のVLANしかサポートしない 12
#18: VC Ethernetはレイヤー3ルーティング機能を提供しない 12
#19: VCのCX4ケーブルは距離制限があるため10Gbeアップリンクに適していない 12
#20: VCは複数のVCモジュールのスタックをサポートしない 13
#21: VCはアクセス制御リストまたはVLANアクセス制御リスト(ACLまたはVACL)を提供しない 13
#22: VC Ethernetはユーザー設定可能なサービス品質(QoS)機能をサポートしない 13
#23: VC Ethernetは診断ツール(SPAN)を提供しない 13
#24: VC EthernetはCisco Discovery Protocol(CDP)をサポートしない 13
#25: VCで各VCモジュールを管理するには個別のWeb管理ウィンドウが必要である 14
#26: VCはIGMPスヌーピングをサポートしない 14
#27: VCファイバーチャネルはネストしたMPIVをサポートしない 14
#28: 一部のスイッチの仮想化MACおよびWWN(NAT)機能(たとえば、CiscoのFlexAttac機能)は、VCの管理対象MACアドレスおよびWWNと同じメリットを提供する 14
#29: DHCPオプション82は、バーチャルコネクトと同じサーバー冗長性機能を提供する 16
#30: VC-FCはSANへのFCアップリンクでのログイン分散とフェイルオーバーを提供しない 17
#31: すべてのVC-FCアップリンクは同じSANファブリックに接続されている必要がある 17
#32: VC-FCはCiscoのVSANまたはBrocade仮想ファブリック機能をサポートしない 17
#33: VCは未完成なループ回避メカニズムを実装している 18
#34: VCアップリンクの障害発生時には外部ネットワークでの再コンバージェンスが必要で、サーバーセッションの切断を引き起こす場合がある 18
#35: CiscoのNポートバーチャライゼーション(NPV)またはBrocade Access GatewayはすべてVC-FCと 同じ利点を提供する 18
#36: Cisco VFrame Data CenterはVCと同じ機能を提供する 18
#37: VC Ethernetは仮想スイッチングシステム(VSS)を使用するCisco 6500スイッチに接続できない 19
#38: VC EthernetはUnidirectional Link Detection(UDLD)をサポートしない 19
#39: VC Ethernetはアップリンク上のポートカウンターしか提供していない 19
#40: QoSはVC Flex-10と同じ機能を提供できる 20
HPバーチャルコネクトによって提供される独自機能 20
管理対象サーバーID 21
内部サーバーID 21
外部サーバーID 21
管理対象サーバーIDを使用した事前プロビジョニング 21
“LAN Safe”ネットワーク接続 22
ネットワークインフラストラクチャとVC Flex-10の統合 22
サーバーの追加、移動、および交換はLANとSANに対して透過的である 22
バーチャルコネクト機能のまとめ 23
追加のリソースおよび参考資料 26
付録 27
付録A:よくある質問(FAQ) 27
付録B:定義 30

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF 579 KB)
 このページのトップへ戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡