Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品 & サービス  >  サーバー & システム  >  HP ProLiant サーバー   >  技術情報

whitepaper

技術資料

製品&サービス

HP ProLiant

HP BladeSystem

HP ConvergedSystem
HP OneView
HP CloudSystem

HP Moonshot System

HP Apollo System

キャンペーン

オンラインストア

製品カタログ

Why HP ProLiant?

サーバー選定/構成

お客様事例

技術的な情報

サポート&サービス

販売店検索

旧製品情報

新着情報

メールニュース配信

販売特約店・販売店向け情報

日本HPサイトマップ

 
コンテンツに進む

Citrix XenAppをHP ProLiantサーバー上のXenServerに配備するためのベストプラクティス

Citrix XenAppをHP ProLiantサーバー上のXenServerに配備するためのベストプラクティス
図13.16台の旧式システムは3台の仮想化されたHP ProLiant BL465c G7サーバーブレードによって置き換えることが可能(スペアを搭載する余裕も発生)
最初のハイパーバイザーが市場に登場して以来、企業は、使用率の低いサーバーを単一の物理マシンに統合することに取り組んできました。初期の実装は、仮想化のオーバーヘッドによってパフォーマンスが大幅に低下したために、期待を裏切る結果になりましたが、その後、技術は大幅に進歩しました。現在のAMD™ Opteronプロセッサおよびインテル® Xeon®プロセッサーは、ハイパーバイザーからの直接ハードウェアコールを処理するオンチップ命令を提供することで、関連オーバーヘッドを最小限に抑えます。この結果、仮想マシン(VM)のスケーラビリティが大幅に向上しています。

その一方で、企業は、限られたメモリアドレス指定能力のために、サポートできるユーザー数が本質的に制限されている非仮想化x86プラットフォームを配備しつづけています。64ビットプラットフォームに移行しないという決断は、多くの場合、ドライバーやアプリケーションに互換性がないために、移行に非常に大きなコストがかかることが、その根拠となっています。仮想化は、32ビットプラットフォームのこれまでにないレベルの拡張を可能にすることで、このジレンマに対する実現可能なソリューションを提供します。

つづきを読む(PDF 1.34 MB)

目次

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF1.34 MB)

エグゼクティブサマリー 2
投資対効果の検討 2
仮想化の概要 3
メリット 4
XenAppを仮想化する理由 4
パフォーマンステスト 5
概要 5
テストの結果 8
ベストプラクティス 9
64ビット環境への移行可能性の検討 9
適したプラットフォームのみの仮想化 10
コストの考慮 11
vCPUの過剰割り当ての回避 11
CPUリソースのフル活用 12
プロセッサー使用率急増の防止 14
各VMへの十分なメモリの割り当て 15
ライトキャッシュの使用 19
ネットワークパフォーマンスの監視 20
可用性の強化 20
VMの配分の均一化 21
リソース使用率の最大化 21
XenServerカーネルの最適化 21
管理性の強化 21
最新4Pサーバーのスケーラビリティの強化 22
ベアメタル64ビットプラットフォーム 22
32ビットプラットフォーム 25
統合の例 28
付録A - テスト 31
テストツール 31
ユーザープロファイル 32
テスト手順 32
テストのトポロジ 34
詳細情報の入手先 35

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF1.34 MB)
 このページのトップへ戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡