Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  ソフトウェアとOS  >  HP-UX 

HP Serviceguard

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
HP Serviceguard

HP Serviceguardは、豊富な実績をもつハイアベイラビリティ・ミドルウェアです。さまざまなハードウェア/ソフトウェアの障害から基幹系アプリケーションを保護する高度な機能をHP-UX上で提供します。HP Serviceguard 11.19からは、最短で約4秒のクラスター再構成時間を実現する「高速フェイルオーバー」の機能を標準でバンドルしています。
ハイ・アベイラビリティ
HP Serviceguard
  CFS
  SGeRAC
  SGeSAP
  ECM/NFS Toolkit
  HP Serviceguard Manager/EMS
  Continentalclusters/ Metrocluster
  HP Serviceguard Storage Manegement Suite(SG SMS)

HP Serviceguard
11.19 - Tab - Selected
2009年4月にリリースされた最新のHP Serviceguard 11.19では、【速い】、【簡単】、【安心】をモットーに、以下のような新機能を提供しています。

【速い】高速フェイルオーバー

HP Serviceguard 11.19以降では、サービスを代替ノードに移行 (フェイルオーバー) させる間のサービス停止時間を最小限に短くすることのできる「高速フェイルオーバー」の機能をHP Serviceguardの標準機能としてバンドルして提供します。クラスターのフェイルオーバー時間には、クラスター自身の再構成のための時間とアプリケーションのリカバリ時間が含まれます。通常、現在の各社のクラスター・ソフトウェアの再構成時間は 20 秒から 1 分程度もしくはそれ以上ですが、きびしい可用性が求められるシステムにおいては、この時間をすこしでも短縮する必要があります。「高速フェイルオーバー」では標準的なクラスター構成でも、クラスター再構成時間を最短で約4秒まで短縮することが可能です。

  • HP Serviceguard、またはSGeRAC環境において、クラスター・システムの再構成時間を大幅に短縮することが可能。例えば弊社のテスト環境ではデフォルトの設定で従来約30秒かかっていたクラスター・システムの再構成を約4秒にまで短縮
  • 従来の高速フェイルオーバー構成における制限事項はほぼすべて解消。標準的なHP Serviceguardクラスター構成そのままで高速フェイルオーバーを実現
    • クラスターノード数16台まで構成可能
    • クォーラムディクス構成の選択可能(クォーラムサーバは必須ではない)

【速い】高速フェイルオーバー

【簡単】シンプルでわかりやすいクラスター管理ツール、HP Serviceguard Manager

HP Serviceguard に標準装備されたクラスター管理ツール、HP Serviceguard Manager は、HP Serviceguardで構築されたクラスターシステムを、Webベースの直感的なグラフィカル・ユーザ・インターフェース(GUI)によって、容易に管理できるようにします。

  • Webベースのツールで簡単にクラスターシステムを構築可能
    • 自動的にシステム構成を検出し、クラスター設定可能
    • フェイルオーバー対応のアプリケーションを容易にパッケージ化
  • クラスターシステムの管理も簡単でわかりやすく
    • クラスター管理をGUIで実施
    • 実行コマンドの事前表示が可能
    • 操作ログを記録し、ツールからチェック可能
【簡単】シンプルでわかりやすいクラスター管理ツール、Serviceguard Manager
【簡単】シンプルでわかりやすいクラスター管理ツール、Serviceguard Manager
【簡単】シンプルでわかりやすいクラスター管理ツール、Serviceguard Manager

【安心】日本からのビジネスニーズを反映

HP Serviceguard 11.19では、日本からのビジネスニーズを大幅に取り入れた機能拡張を行っています。HP Serviceguard開発チームは常に厳しいハイアベイラビリティのレベルを必要とする日本のビジネスニーズに対応することを重要なゴールと考えており、日本のエンジニアと連携しながら、日本のユーザのニーズを反映した製品開発を進めております。
【安心】日本からのビジネスニーズを反映

その他の機能拡張

HP Serviceguard 11.19では、以下の機能拡張も行っています。
  • メンテナンスモードの実現
    • モジュール化されたパッケージで、実行するモジュールを選択して起動することで、フェイルオーバー時におけるアプリケーションのメインテナンスをサポート
  • パッケージ依存関係の機能拡張
    • 計5種類のパッケージ依存関係の組み合わせにより、より柔軟にフェイルオーバー時の動作を指定可能
  • ノードキャパシティー
    • ノードごとにキャパシティーの値を割り当てて、ノードで実行できるパッケージの許容量を制御
  • IPモニター
    • IPアドレスレベルでネットワークの接続可能性をモニタリング

関連資料

高可用性を実現するHP Serviceguardソリューションポートフォリオの活用によるミッションクリティカルなサービスレベル目標の維持 PDF (1.05MB)
HP-UXとHP Serviceguard11.19が実現するITコスト削減 PDF (2.21MB)
HP Serviceguard11.19製品情報(機能紹介資料) PDF (6.37MB)
モジュラーパッケージ概要 PDF (1.01MB)

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。

このページのトップへ戻る
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイト より、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡