Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  ソフトウェアとOS >   HP-UX

HP Global WorkLoad Manager (gWLM)

QuickSpec
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む

概要

HP Virtual Server Environment (VSE) は、HP 9000 サーバと HP Integrity サーバの両方を対象とするサーバ プラットフォーム向け統括ソリューションであり、高度な仮想化環境によって、絶え間なく変化し続けるビジネス要求への迅速な対応を可能にします。VSE は、複数の仮想化技術をシームレスに統括することによって柔軟なコンピューティング環境を提供し、サーバ リソースを最大限に活用します。VSE の管理は自動化されているので、ビジネス アプリケーションの需要に応じて動的にリソースの拡大および縮小が行われます。

HP Global Workload Manager (gWLM) は、マルチシステム、マルチ OS に対応するワークロード マネージャであり、HP VSE のインテリジェント ポリシー エンジンとして機能します。gWLM は、リソース管理 (ひとつのオペレーティング システム内のプロセッサー全体およびサブ CPU 単位の割り当てメカニズム) と仮想パーティショニング技術を統合し、アプリケーションのパフォーマンスやビジネス ポリシーに基づいて、アプリケーションにリソースを動的に再割り当てします。これによって、複数のサーバにまたがって、サービス レベルを維持および監視しながら、サーバの使用率を向上させることができます。

gWLM は、中央管理型の IT 部門がサービス プロバイダとして社内ユーザーにサービスを提供するデータ センター環境向けに設計されています。gWLM では、標準のリソース割り当てポリシーを、統合された仮想データ センターで簡単かつ迅速に設定できます。

サーバ仮想化/パーティショニング
HP Integrity Essentials Capacity Advisor
HP Integrity Essentials Virtualization Manager
HP Processor Sets(PSets)
  HP Process Resource Manager(PRM)
  HP Integrity Essentials Global Workload Manager(gWLM)
   
QuickSpec
  HP-UX Workload Manager
  HP nPartitions(nPars)
  HP-UX Virtual Partitions(vPars)
  HP Integrity Virtual Machines (Integrity VM)
  HP Serviceguard
instant Capacity(iCAP)

特徴と利点

CPU 使用率の向上

動的に、ポリシーベースで CPU 割り当て

  • HP-UX 上での、vPars、pset、Fair Share Scheduler (FSS: サブ CPU) グループの制御
    - HP 9000/Integrity サーバ向け HP-UX 11i v 1、v2、v3
  • Linux カーネルでの pset の制御
    - HP Integrity サーバ のみ

多数のシステムの管理の簡易化

中央管理サーバ

  • Web ベース GUI (HP Systems Insight Manager に統合)
  • ポリシーの集中管理
  • 集中監視とレポート
    - 使用率、需要、リソース割り当て状況のリアルタイム データと履歴データ

仮想パーティションとリソース パーティションの検出

すぐに使える、共通でわかりやすい構成をサポート

  • 所有/貸し借りポリシー
  • 固定割り当てポリシー
  • CPU 使用率ポリシー
  • ひとつのポリシーを複数のリソース パーティションに割り当て可能
  • 出荷時のポリシーのバリエーションでほとんどのサイトに対応
  • カスタム ポリシーは、目標ベースのリソース管理を柔軟に実行

ロール ベースのアクセス

  • システム管理者はフル アクセス
  • レポート表示は読み取り専用アクセス

実行中に確認して信頼度を確立

計画どおりに設定され、想定どおりに動作することを確認可能

  • アドバイザリ モード
  • リアルタイムでのレポート作成
  • 履歴レポート

アプリケーションの所有者が結果を参照可能

  • CPU リソースの確保
    - 固定ポリシー
    - 所有/貸し借り (PolicyMin、所有)
    - 使用率 (PolicyMin)
  • 監査レポート
    - 各ワークロードにリソースが確保されていることを確認
    - ワークロードのリソース使用率が最低保証を上回ったタイミングを表示

ハードウェア要件

gWLMは、HP 9000サーバおよびHP Integrityサーバ上で動作します。

ソフトウェア要件

gWLMは、HP-UX 11i v1、v2、v3の環境で動作します。

ライセンス

gWLMは、管理対象ノードのプロセッサーごとにライセンスが必要です。

配布メディア

gWLMのエージェントソフトウェアは、HP-UX11i v2 の2005年 5月版以降のOEに含まれます。
中央管理サーバ(CMS)用ソフトウェアは こちら よりダウンロード可能です。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡