Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  ソフトウェアとOS  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand

ホワイトペーパー

サーバ仮想化/パーティショニング
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む

サーバ仮想化/パーティショニングに関するホワイト・ペーパー


第2世代HP Integrity サーバー上のHP Integrity Virtual MachinesにおけるOracle OLTPワークロードの実行  (PDF: 416KB)

本書では、BL860c i2サーバー上のVMで実行されるOracle OLTP構成のパフォーマンスとオーバーヘッドの測定値を提示し、Oracle OLTPワークロード処理において優位な製品であることを実証します。

HP Virtual Server Environment の導入 はじめに  (PDF: 370 KB)

HP Virtual Server Environment (VSE) の導入にあたっての検討事項、利点、トレードオフ、環境、条件等、最適な導入方法を選択する上での一連のステップを説明します。

HP VSE リファレンス アーキテクチャー:アプリケーション サーバー用 共有インフラストラクチャ − ハイレベル コンセプト  (PDF: 302 KB)

J2EE アプリケーション サーバーのアーキテクチャーに関する複数のハイレベル コンセプトについて説明しています。

vPars 環境で DVD/CD-ROM/テープ/ネットワークを 使用したブート、インストール、リカバリ、共有方法  (PDF: 187KB)

仮想パーティション (vPars) を作成およびブートするためのサポートされている方法について説明します。また、ブート デバイスの共有方法についても説明します。

仮想パーティション (vPars) ― 構成上の注意点  (PDF: 215KB)

vPars構成において、上記項目に影響を及ぼすと考えられる一般的な問題の上位 10 件についてその概要を説明します。また各問題について、最も頻繁に見られる現象をこれらのカテゴリ (性能面、機能面、サポート面) に分けて説明します。

vParsでのメモリの構成および移動  (PDF: 447KB)

vParsシステム内におけるメモリ リソースの構成について説明します。特に、1つのパーティションで削除したメモリを別のパーティションに動的に追加するメモリ移動について重点的に説明します。さらに、各パーティションへのメモリ割り当てを制御する複数の方法について、その方法を使用する際に従うべき一般的なガイドラインとあわせて説明します。

vPars バージョンA.05.xx におけるOS (HP-UX 11i v2 および v3) の混在環境について  (PDF: 253KB)

HP-UXの複数のバージョンが混在する環境においてサポートする構成およびガイドラインや、仮想パーティションを構成および管理する際に役立ついくつかのツールについて説明します。また、このような環境を設定および運用する際の留意事項や起こりうる現象を示し、問題を回避する方法についても述べます。

vPars環境でのDVD/CD-ROM/テープ/ネットワークを使用したブート、インストール、リカバリ、および共有方法  (PDF: 239KB)

Virtual Partitions (vPars)を使用した仮想パーティションの作成およびブート手順を説明します。また、ブートデバイスの共有方法についても説明します。

vParsのCPU構成ガイドライン  (PDF: 3.37MB)

ワークロードの変化に対応しながら、期待どおりのパフォーマンスを実現するために、vPars における CPU 割り当ての管理方法について説明します。

仮想パーティション (vPars) 環境におけるカーネル メモリの割り当て方法とその制御  (PDF: 185KB)

仮想パーティション (vPars) 用にアドレス範囲を明示的に指定してカーネル用メモリを割り当てる方法と、カーネルのメモリ空間が不足する問題の解決方法を紹介します。

HP Integrity VM (Virtual Machines) の紹介  (PDF: 698KB)

本書は、HP-UX Virtual Partitions (vPars)とHP Process Resource Manager(PRM)の利点を備え、既存のパーティショニング ソリューションを拡張するHP Integrity VM(Virtual Machines)を紹介します。

Integrity Virtual Machines ― 構成時の考慮点  (PDF: 234KB)

Integrity VM構成において、上記項目に影響を及ぼしうる一般的な問題上位 10 件についてその概要を説明します。また各問題について、最も頻繁に見られる症状を同カテゴリ (性能面、機能面、信頼性) にわけて述べます。

Integrity Virtual Machines を使用したハードウェア コンソリデーション  (PDF: 808KB)

単一のOS インスタンスや共有ミドルウェア内でのワークロード コンソリデーションに比べ、
少ない労力で高い効果を得ることができる Integrity Virtual Machines (Integrity VM) を使用した
ハードウェア コンソリデーションについて説明します。

HP Integrity Virtual MachinesをHP Serviceguardパッケージとして使用した高可用性ソリューションの設計  (PDF: 345KB)

HP Integrity Virtual Machinesでは、CPUやI/Oなどのハードウェア リソースを各オペレーティング システム (OS) 環境で共有することにより、サーバー リソースの使用率を最大化し、TCO (総所有コスト) を削減できます。本書は Integrity VMの概念とIntegrity VMに効果的に高可用性をもたらすServiceguardの実装モデルについて説明します。また、コンソリデーションや高可用性に最適な実装モデルの決定に役立つ情報を提供します。

Integrity Virtual Machines ― ベストプラクティス  (PDF: 732KB)

Integrity Virtual Machines製品を使用して 1 つまたは複数の仮想マシン (VM) を導入する際のガイドラインを一通り紹介します。

Integrity Virtual MachinesでのIgnite-UXの使用方法  (PDF: 660KB)

Integrity VMでIgnite-UXを使用する基本的な方法と特殊なソフトウェアのインストール例を説明します。

HP Serviceguardを使用したHP Integrity Virtual Machinesの管理  (PDF: 602KB)

HP Serviceguardを使用した構成の利点、ハードウェアとソフトウェアの構成に関する考慮事項、仮想マシンをServiceguardパッケージに組み込む手順について説明します。また、仮想マシンが正常に VM ホストとして稼動する他のクラスター メンバへフェイルオーバーするかのテストおよび確認の方法のほか、Serviceguardパッケージとして構成された仮想マシンの管理方法についても説明します。

Integrity Virtual Machines大容量の仮想記憶領域としてファイルを使用する際のベスト プラクティス  (PDF: 360KB)

本書では、HP Integrity Virtual Machines (Integrity VM) でのファイル バッキング ストレージの構成と、パフォーマンス チューニングについて説明しています。

仮想パーティション (vPars) システムから Integrity 仮想マシン (Integrity VM) への移行  (PDF: 276KB)

単一物理システム上のvParsシステムからIntegrity VMに移行するための手順を、段階を追って説明しています。

SuperdomeにおけるItaniumとPA-RISCのパーティション混在環境リファレンス ガイド  (PDF: 395KB)

sx1000 チップセット搭載のSuperdomeサーバーは、同一システム内でPA-RISCパーティションとItaniumパーティションの混在構成をサポートします。本書は、混在構成に必要なハードウェア、ファームウェア、オペレーティング システムおよび管理ツールについて説明します。

HP Superdome Hybrid Serverにおけるインテル®Itanium® nPartitionsとPA-RISC nPartitionsの混在構成について  (PDF: 317KB)

HP sx1000チップセット搭載のHP Superdomeサーバーは、同一システム内でPA-RISC nPartitonsとインテル®Itanium® nPartitionsの混在構成をサポートします。本書は、PA-RISC nPartitionsとインテル®Itanium® nPartitionsの混在構成に必要なハードウェア、ファームウェア、オペレーティング システムおよび管理ツールについて説明します。

HP Global Workload Manager - サーバ CPU使用率向上技術の概要  (PDF: 313KB)

Virtual Server Environment (VSE) の実現には、HP Workload Manager (WLM) または HP Global Workload Manager (gWLM) が必要です。本書は gWLM にフォーカスして、その利点を解説します。VSE の概要からはじまり、gWLMの概要、WLMとgWLMとの比較などを通じて分かりやすく説明しています。

HP Virtual Server Environment ― アプリケーション開発者へのヒント
HP-UX が動作するHP IntegrityサーバーおよびHP 9000サーバー上の仮想化環境におけるアプリケーションの最適化
  (PDF: 379KB)

HP VSE (Virtual Server Environment) の拡張機能を活用するためのメカニズムについて説明します。

HP Integrity およびHP 9000サーバー向けHP Virtual Server Environment ― サーバー使用率をリアルタイムに最適化  (PDF: 1.02MB)

HP VSEの特長やメリットに加え、HP Converged Infrastructureを構築する中でHP VSEが果たす役割について説明します。

HP 9000/HP Integrity サーバー + HP-UX11i 用 HP パーティショニング ソリューション  (PDF: 551KB)

HP VSEでHPパーティショニング ソリューションを使用したリソース使用率の最適化について説明します。

HP 9000サーバーとIntegrityサーバー向けのインスタント キャパシティ (iCAP)   (PDF: 660KB)

本書では、HP 9000サーバーとHP Integrityサーバー向けのインスタント キャパシティ (iCAP) プログラムについて説明します。製品そのものの内容だけでなく、インスタント キャパシティを確実に導入するためのヒントとなる、組織面や運営面で留意すべき点についても触れています。

HP-UX環境でのHP Instant Capacity (iCAP) による費用対効果に優れた高可用性ソリューション  (PDF: 811KB)

iCAPとServiceguardを統合化して、費用対効果の高い高可用性ソリューションを提供する方法を説明します。また、HP Serviceguardの概要、および従来の高可用性ソリューションと構成についても説明します。

HP Instant Capacity (iCAP) (旧称: iCOD) バージョン B.06.x/B.07.x のコードワードについて   (PDF: 305KB)

コードワードを使用して iCAP サーバーのコンポーネントの使用権を増減させる仕組みについて説明します

HP-UX 11i のソフトウェア導入および構成ツール
仮想化環境でのサーバー管理の単純化
  (PDF: 314KB)

本書では、システム管理者を対象に、仮想化環境でのサーバー管理を容易にする HP-UX 11i のソフトウェア導入および構成ツールについて説明しています。

HP-UX Workload Managerの概要   (PDF: 769KB)

HP-UX WLM バージョンA.03.02およびHP-UX WLMバージョンA.03.02.01の機能およびメリットについて説明します。

HP Workload Managerによるパーティションの自動サイズ調整  (PDF: 719KB)

HP-UX 11i v1 (B.11.11) 以降の HP-UX で稼動するHP-UX WLM A.03.02を使用して、必要に応じてパーティションを管理し、プロセッサーを追加/削除する方法について説明します。

HP-UX Workload ManagerによるVirtual Partitionsの管理  (PDF: 900KB)

自動リソース割り当て機能とアプリケーションパフォーマンス管理機能を提供するHPのソフトウェア製品HP-UX WorkloadManagerを使用して、HP-UX Virtual Partitions (vPars)を管理する方法について説明しています。

最も重要なアプリケーションでHP-UX Workload Managerを効果的に使う方法  (PDF: 301KB)

HP-UX 11i v1 (B.11.11) で動作するHP 9000、またはHP-UX 11i v2 (B.11.23) 以降で動作する HP9000とHP Integrity上で利用できるWLMTK A.01.10 に用意されているツールキットについて説明します。

HP ServiceguardとHP Integrity Essentials Global Workload Managerの併用  (PDF: 350KB)

HP Serviceguardがもたらす高可用性とHP Integrity Essentials gWLM が実現するワークロード管理性を組み合わせることにより実現する、システムの利用率やアプリケーション性能の向上、フェイルオーバー設定スクリプトの簡略化などについて説明します。

HP-UX 11i v2パーティションシステムにおけるHP ServiceGuardクラスター構成  (PDF: 1.0MB)

HP ServiceGuard は、ハードウェアまたはソフトウェアの障害が発生した際にミッション クリティカルなアプリケーション サービスを迅速に復旧できる、ハイアベイラビリティHP-UXクラスターを設計および実装するためのインフラストラクチャを提供します。可用性を最大限に高めるには、すべての単一障害点を排除するようにクラスターを構成する必要があります。HP-UX 11i v2で提供されるSuperdome nPars(nPartitions)のようなパーティショニング技術を、ServiceGuard構成で使用する場合の考慮点について説明します。

HP-UX 11i サーバー環境におけるBEA WebLogic Serverの統合検証  (PDF: 1.8MB)

HP-UX WorkLoad Manager (WLM) は、HP-UX ワークロード管理製品です。WLM は、アプリケーション稼動環境に必要なシステムリソースの割り当てを、SLO (Service Level Objectives :サービス レベル目標)として設定した業務目標に従って自動的に実施します。本書では、BEA WebLogic サーバー環境をWLM を用いて統合した場合のシステム構成例を提供し、さらにHP 独自で検証した結果を紹介します。

HP-UX プロセッサー・セット(pset)  (PDF: 376KB)

HP-UX プロセッサー・セット(pset )を使用すると、複数のプロセッサーをいくつかのプロセッサー・グループ(PSET グループ)に分割することができます。それぞれのPSET グループには任意のアプリケーションを割り当てることができ、割り当てられたアプリケーションは、そのグループ内のプロセッサーだけにアクセスすることができます。プロセッサー・セットを利用することで、重要なユーザー、あるいはアプリケーションに十分なCPU リソースを確実に割り当てることができます。

HP Process Resource Managerの概要  (PDF: 358KB)

HP PRM についての概要、メリットと機能について説明し、参考情報へのリンクを示します。HP-UX 11i v1 (B.11.11) またはHP-UX 11i v2 (B.11.23) で動作するHP 9000 サーバー、およびHP-UX 11i v2 で動作するHP Integrityサーバー用のPRM C.03.01 について説明します。

OracleデータベースへのHP-UX 11i PSET機能および PRM製品の適用  (PDF: 486KB)

PRMとOracleデータベースの連携に関連する機能を説明します。PRM の最新リリースで導入されたプロセッサーセットサポートとメモリ・リソースグループ(MRG)の機能は、PRM とOracle の連携には特に重要です。また、Oracleにはリソース割り当てツールとして、Oracle 8i とOracle 9i で使用できるDatabase Resource Manager が用意されています。次に、これらの機能を十分に生かすために、推奨する構成手順を説明します。

HP-UX Virtual Partitions環境での動的なCPUの切り離し  (PDF: 126KB)

HP-UXの持つ優れた機能の1 つであるDPR (Dynamic Processor Resilience) がVirtual Partition (vPars) 環境でどのように連携するかを説明します。DPR の詳細については「ダイナミック・プロセッサー・デアロケーションおよびダイナミック・プロセッサー・レジリエンス」のホワイト・ペーパーを参照してください。

例題で学ぶHP-UX Workload Manager  (PDF: 449KB)

HP Workload Managerの提供する機能を理解するために、いくつかの例題を使用して学んでいきます。実際に例題を使った演習を行うことで、設定ファイルの書き方やWLM コマンドの使い方を効率よく習得できます。実際の導入時には、WLM のユーザーガイドをマニュアルサイトよりご覧下さい。

HP-UX Role-Based Access Control によるvPars の保護  (PDF: 332KB)

本書は、HP-UX Role-Based Access Control (RBAC) 機能を使用してvParsを保護する方法について説明します。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
 このページのトップへ戻る
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイト より、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡