Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品とサービス サポートとドライバ ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ
日本HPホーム
製品とサービス  >  ソフトウェアとOS  >  Linux

HP Integrity サーバ rx8620

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HP OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
日本HPサイトマップ
HP & Red Hat情報ポータル HPとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
08-APR-05, revised 31-JAN-08
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

Linuxのインストールに必要なデバイス情報

HP Integrity サーバ rx8620
CPU 2基〜16基(2CPU単位)*1*2
チップセット hp sx1000
セル 1〜4*2
nPartition 1〜2(SEU使用時1〜4)
スロット PCI-X 8〜16(SEU使用時 8〜32)*3
メモリ 最大 256GB*4
Ethernet(eth0) Broadcom BCM5701
Core I/Oに標準装備
10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T
(Core I/Ox2使用時)
Ethernet(eth1)
Broadcom BCM5701
Core I/Oに標準装備
10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T
Video なし*5
SCSI Ultra160 SCSI標準装備
LSI Logic 53c1010
ストレージベイ ホットスワップ対応
電源管理 ACPI 2.0
EFI 1.10
HP Integrity サーバ rx8620
*1 HP mx2デュアルプロセッサモジュールは Linuxサポート外です。
*2 Red Hat Enterprise Linux AS 3での1nPartionあたりのサポート最大セル/CPU数は2セル/8CPU、Red Hat Enterprise Linux AS 4での1nPartionあたりのサポート最大セル/CPU数は4セル/16CPUです。
*3 Red Hatでは1nPartionあたりのサポート最大スロット数は16(I/Oカード・ケージx2)です。
*4 Red Hat Enterprise Linux AS 3〜AS 4 U2までの1nPartionあたりのサポート最大メモリ数は128GB、Red Hat Enterprise Linux AS 4 U3以降の1nPartionあたりのサポート最大メモリ数は256GBです。
*5 Linuxではオプション VGAカードはサポート外です。MPのシリアル及び LANコンソール経由での使用となります。
 Linuxを稼動させた後に #lspci -vを採取した結果はTEXTこちらです。
Linux-ready systems

動作確認済みディストリビューション

Red Hat Enterprise Linux AS 3 for Itanium(Red HatCD版)-シリアル経由用
Red Hat Enterprise Linux AS 3 for Itanium(Recovery CD版))-シリアル経由用
Red Hat Enterprise Linux AS 4 for Itanium(Red HatCD版)-シリアル経由用
Red Hat Enterprise Linux AS 4 for Itanium(Recovery CD版)-シリアル経由用
Red Hat Enterprise Linux 5 Advanced Platform for Itanium(U1以降)- シリアル経由用
Linux-supportedとLinux-readyの差異について

OSを Linuxとした場合の制限事項

  • nPartitionの設定は、別途 windows上の ParCLIソフトウェア経由等で行う必要があります。
製品に関する詳細はサイト外リンクこちらをご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡