Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品とサービス サポートとドライバ ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ
日本HPホーム
製品とサービス  >  ソフトウェアとOS  >  Linux

FAQ: ハードウェア

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HP OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
日本HPサイトマップ
HP & Red Hat情報ポータル HPとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む

SAS/SATA, SCSI HBA

後から SCSI HBAを追加した場合 #mkinitrdが必須か?
   一般に kernel 2.4を利用したディストリビューションの場合、インストール後に TAPE利用を目的として SCSI HBAを装着する場合、/etc/modules.confに aliasを登録するだけでは、システム起動後にドライバはロードされません。#mkinitrdを実行する事で /etc/modules.confに登録されたドライバがシステム起動時にロードされる様になります。

 但し最近のディストリビューションは自動認識を行う場合があります。

 Red Hat EL4の場合、Kudzuが SCSI HBAを認識し、/etc/modules.confに alias登録します。 その後、#mkinitrdを実行しなくても、登録されたドライバはシステム起動後に自動ロードされます。SUSE Enterprise 9の場合、YaSTツールを起動する必要性もなく #lsmodするとドライバが自動ロードされている事が分ります。ちなみに Turbolinux 10SEの場合には /etc/modules.confに aliasを記述し #mkinitrdを実行する必要があります。

 ちなみに、Red Hat EL3の場合 kudzuが起動し /etc/modules.confに登録されるところ迄は EL4と同じですが、システム起動時にドライバを自動でロードさせるためには別途 #mkinitrdを行う必要があります。SUSE Enterprise 8/United Linux 1.0の場合、/etc/sysconfig/kernelの INITRD_MODULESを修正し、#mkinitrdが必要になります。
19-APR-2005
mptlinux利用時に IOCStatus(0x0002): Busyが記録されるが?
   ディストリビューション標準の mptinuxドライバを利用し且つ SMHへアクセスした場合に 'mptbase: ioc1: IOCStatus(0x0002): Busy'が記録される場合があります。このメッセージは無視してください。
07-NOV-2005, revised 28-JUL-2006
LSI Logic系 HBAの障害監視は可能か?
   利用するドライバの種類によって利用可能な方法が異なります。HP提供の mptlinuxドライバには mptctlが搭載されており、IMAとの連携が可能となっています。ディストリビューションに標準装備されている mptlinuxドライバは IMAと連携ができませんので、log出力メッセージで障害状況を確認する必要があります。IMA(Insight Management Agent)で監視する場合のドライバー対応についてはサイト内リンクこちらをご覧ください。また、ログの記録メッセージについてはサイト内リンクこちらの `RAID利用時の障害ログについて`を参考にしてください。
22-OCT-2009
mpt-statusは利用可能か?
   SLES10に同梱されている mpt-statusを実行する事で mptlinuxドライバーを利用する LSI Logic HBAでの driver-RAID(fake RAID、firmware RAID等いくつかの呼び方があります)の状態確認が可能です。下記は、SLES10/SP0環境下で SC44Geに対して実行した結果です。
#mpt-status
 ioc0 vol_id 0 type IM, 2 phy, 698 GB, state OPTIMAL, flags ENABLED
 ioc0 phy 2 scsi_id 1 ATA    GB0750C4414    HPG3, 698 GB, state ONLINE, flags NONE
 ioc0 phy 1 scsi_id 2 ATA    GB0750C4414    HPG4, 698 GB, state ONLINE, flags NONE
       ↓ 障害発生後…
 ioc0 vol_id 0 type IM, 2 phy, 698 GB, state DEGRADED, flags ENABLED
 ioc0 phy 2 scsi_id 1 ATA    GB0750C4414    HPG3, 698 GB, state ONLINE, flags NONE
 ioc0 phy 1 scsi_id 2 ATA    GB0750C4414    HPG4, 698 GB, state MISSING, flags OUT_OF_SYNC
       ↓ 復旧中…
 ioc0 vol_id 0 type IM, 2 phy, 698 GB, state DEGRADED, flags ENABLED RESYNC_IN_PROGRESS
 ioc0 phy 2 scsi_id 1 ATA    GB0750C4414    HPG3, 698 GB, state ONLINE, flags NONE
 ioc0 phy 1 scsi_id 2 ATA    GB0750C4414    HPG4, 698 GB, state ONLINE, flags OUT_OF_SYNC

 Release Notesを見ると SPAREディスクの表示も可能に見えますが、実際には表示されませんでした。但し、SPAREへの切り替わりによる HDDの ID変更等はきちんと認識している模様です。mptlinuxドライバー自身は HDD障害等のログを /var/log/messagesに記録しますし、また IMAはリビルド状況等の表示を行ったり、メールや SNMP trapの送信等の高度な管理機能提供しますので、本ツール自体の必要性は高いものではありませんが、都度目視で確認するには便利なツールと思われます。ちなみに、本ツールは、SLES11には同梱されていません。
10-FEB-2010, revised 24-DEC-2010
H24x SmartHBAとは何か?
   SmartHBAは SmartArray P440ar等と同様のエンジンを備えている non-RAID用コントローラで、従来の H22xシリーズで利用していた LSI Logic用ドライバ mptbaseや mpt2sasを利用していた製品とは全くの別物となります。
 H24x SmartHBAは、SmartArrayからキャッシュモジュールを外し、モードを HBAモードとして出荷したもの相当の製品です。このためドライバは SmartArray P44xと同じ hpsaを利用し、ファームウェアも共通のものを利用します。モードを HBAからシンプル RAIDモードに変更する事で、SmartArray同様のハードウェア RAIDのレベル 0, 1, 5の利用も可能となります。ファイルシステム的に RAIDコントローラの介在をさせたくない場合に利用する製品です。
 SmartHBA H22xからシステムを起動する事ができるのは、UEFIモードのみで BIOSモードで利用する場合にはシステムからの起動は行えませんので、注意が必要です。詳細は サイト内リンクUEFIと BIOSのどちらを使えばいいのか?をご覧ください。
10-NOV-2014
旧版となった本項目の FAQ
FAQインデックス: ハードウェア
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡