Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品とサービス サポートとドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ
日本HPホーム
製品とサービス  >  ソフトウェアとOS  >  Linux

FAQ: ソフトウェア、管理ツール等

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HP OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
日本HPサイトマップ
HP & Red Hat情報ポータル HPとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む

Smart Update Manager(SUM)、旧Smart Update Firmware DVD

 SUMインストーラの FAQはサイト内リンクSmartStartセクションの FAQも参考にしてください。
 Linux上から起動できないが?
   Smart Update Firmware DVDのインストーラである SUMは、RHEL5のオートマウント機能を利用しているメディア上からはそのままでは実行できません。回避方法については、SUMを同様に採用している SmartStart CDの FAQである サイト内リンクCD-ROM上の autorunが起動できないが?を参照してください。
 SLES11の場合には、autorunを起動するのに必要なパッケージが提供されていないため、Linux上からは実行できません。DVDメディアから起動するオフラインモードで利用するか、PSPを HDD上に展開し、PSPに含まれる SUMを起動し、Smart Update Firmware DVDのメディア内の /hp/swpackages/等の .scexeファイルが配置されているディレクトリを指定してください。サイト内リンク実行結果-1サイト内リンク実行結果-2
14-MAY-2010
 サポートされているハードウェアを知るには?
   DVDに収録されているファームウェアの完全なリストは、/_autorun/HTMLFILES/en/にある cdcontent-fw.htmとなります。この中にはサポートされる ProLiant本体、オプション製品等の一覧が記載されています。
25-AUG-2010
 オンラインとオフラインのどちらの形式に対応しているのかを知るには?
   cdcontent-fw.htmにオンラインとオフラインのどちらかに対応しているか、また両方に対応しているかの記載があります。
26-AUG-2010
 ProLiant 100のサポートはいつからか?
   v9.10Bから ProLiant 100シリーズの G6以降の一部がサポートされています。サポート対象は cdcontent-fw.htmに記載されており、下記となります。
・DL165 G7/SL165z G7 Servers
・DL160 G6/SL160z G6 Servers
・DL170h G6/DL2x170h G6/DL4x170h G6/SL170z G6/SL2x170z G6 Servers
・ML150 G6 Servers
・DL180 G6/DL160se G6 Servers
・SL165z G6 Servers
27-AUG-2010
 サプリメンタル機能が無くなったのに、サプリメンタルが提供されているが?
   以前の Firmware Maintenance CD時代には、サプリメンタル形式のファームウェアを SUM(Smart Update Manager)から FDDや USB-key経由でロードする事ができましたが、Smart Update Firmware DVDの SUMでは、この機能はなくなりました。現在提供しているサプリメンタル形式のファームウェアは、Smart Update Firmware DVDを USB-keyに変換し、そこに追加するか、Linux上から SUMを起動したりした場合に、HDD上にサプリメンタル形式のファームウェアを配置してロードさせる事が可能です。また、このサプリメンタル形式のファームウェアは Linux上で直接実行可能な .scexe形式ですので、オンラインアップデートが可能なものについては、直接 #shから実行する事も可能です。
18-OCT-2010
 バンドルとリリースセットの違いは?
   バンドルと云うのは複数のソフトウェアを1つにまとめたものを云います。Smart Update Firmware DVDでは、`ML-DL 300/500/700 Series Bundle for Linux`等として定義されています。この中には、ProLiant ML/DLの 300以上シリーズ本体の firmware、それら ProLiantでサポートされるオプションの firmwareが含まれています。
 リリースセットと云うのは、バンドルと同様に複数のソフトウェアを1つにまとめたものですが、それに含まれているソフトウェアを全て組み合わせた上での動作を確認しているもので、バンドルのスーパーセットと云えるものとなります。
 firmware以外では、PSP(ProLiant Support Pack)等もバンドルとなり、SDR(software delivery repository)で使われる概念です。
20-OCT-2010
 Smart Update Firmwareの物理メディアの提供はいつまでだったのか?
   v9.30が最後の物理メディアでの提供となります。次版は Support Pack for ProLiant(SPP) 2011.12.0版の一部として、HPサイト上での ISOイメージでの提供となります。
11-JAN-2012
 Windows上の SUMからファームウェアをデプロイできるか?
   SUM(Smart Update Manager)インストーラ v5.0から可能になります。本インストーラは、SPP(Support Pack for ProLiant) 2012.01から同梱されています。
17-AUG-2012
 SUM v6.0は従来と何が違うのか?
   Smart Update Manager(SUM)は v6.0は従来の独自アプリケーションによるインターフェース形式から、WEBブラウザを利用したインターフェース形態に変更されました。また、従来版では多数のライブラリ等が必要だったものが一切不要となっていますので、SUM自体を稼働させるための事前のパッケージインストールが不要となっています。その他にも機能拡張が行われています。詳細はサイト内リンクhpsumの技術情報もしくは、オンラインヘルプ等をご覧ください。
23-JAN-2014, revised 04-FEB-2014
 SUM v6.0は従来の SPPでも利用できるのか?
   Service Pack for ProLiant(SPP)の 2012.10版以降であれば Smart Update Manager v6.0の利用が可能です。但し、コンポーネントの構成は SPP2013.09.0B以降のパッケージからサポートされます。Software Deliery Repository(SDR)等から v6.0の SUMを入手してください。ちなみに、SPPに同梱されている SUMは SPP2013.09.0(B)の RHEL5.10用サプリメントから v6.0に変更されています。今後リリースされる SPPも SUM v6.xが同梱されていきます。
27-JAN-2014, revised 04-FEB-2014
 同時に複数の SUMを起動できるか?
   SUM v6.xでは同時起動は行わないでください。同時起動にあたる行為としては、WEBブラウザで複数のタブやウィンドウを開いたり、WEBブラウザで SUMを実行中に、コマンドラインで SUMを起動する事も含みます。リリースノート等に記載されている `複数のタスクを同時に実行`と云うのは SUM内部でのタスクを意味しています。
28-JAN-2014, revised 06-FEB-2014
 VCAではなく SUMを利用するメリットは何か?
   Version Control Agent(VCA)はサーバベースのターゲットのみがデプロイの対象でしたが、Smart Update Manager(SUM)は非サーバーベースとなる iLO、Onboard Administrator(OA)、Virtual Connect(VC)等に対しても直接デプロイが可能という非常に大きなメリットがあります。
 VCAのレポジトリサーバである Version Control Repository Manager(VCRM)は、2014年初頭現在では Smart Update Manager(SUM)よりも強力な管理機能を実装しています。今後数回の SUMの新版がリリースされても VCRMの機能と同等にはなりません。SUMが VCRMの機能に匹敵する様になった段階から 1年間は VCRMのカタログデータは更新されます。管理者が SUMベースのデプロイ環境に移行した時点で行う事は VCAのアンインストールだけとなります。
 今後の状況の詳細については SUM関連のドキュメント(サイト外リンクUS, サイト外リンクJPN)をご覧ください(2014年 2月現時点では HP Smart Updateベストプラクティス実装者ガイドに記載されています)。
19-FEB-2014
 SUMでのリモートデプロイは何台迄行えるのか?
   100台迄のノードをターゲットとする場合には hpsum v6.xを使われる事をお勧めします。Systems Insight Manager(SIM)は v7.0より標準のデプロイツールとして Smart Update Manager(SUM)を利用しています。より大規模なデプロイを行うには強力な管理・レポート機能がサポートされる SIMの利用をお勧めします。
21-FEB-2014
 dryrunが使えないが?
   Smart Update Manager(SUM) v5.xでスクリプトのテスト、ファームウェアのアップデートの準備確認等を主な目的としていた dryrunスイッチは SUM v6.0以降ではサポートされていません。
04-MAR-2014
 ファームウェアはオンラインで更新できるのか?
   Service Pack for ProLiant(SPP) 2012.02と Smart Update Manager(SUM) v5.0.1の組合せ以降で一部オフラインでしかアップデートできなかったファームウェアもオンラインでアップデートが可能になりました。但し、事前に到達しておくべきファームウェアバージョンがありますので、古すぎるファームウェア(2011.09未満)を利用している場合には、オンラインで更新できない場合があります。
 詳細については SUM関連のドキュメント(サイト外リンクUS, サイト外リンクJPN)をご覧ください。
05-MAR-2014
 オフラインで GatherLogs.shを使うには?
   Service Pack for ProLiant(SPP)のコンプリート(フル)版メディアからシステムを起動し、オフラインモードの Interactive Firmware Updateを利用してファームウェアのアップデートを行った結果として GatherLogs.shでのログ収集を行う事が出来ます。まず、コンソールを開くために [Ctrl]+[d]+[b]+[x]を押します。USB-keyを装着すると /media/usb-sdXとしてマウントされますので移動します。/mnt/bootdevice/hp/swpackages/GatherLogs.shを実行すると USB-key上に HPSUM_Logs_MM-DD-YYYY_HH-MM-SS.tar.gzが保存されますので USB-keyを #umountしてください。
 前述したパスは SPP 2013.09.0Bでの例です。以前の SPPでは /mnt配下の構成が異なる場合がありますので、#dfもしくは #findでパスを探して DVD-ROMのマウント先を読み替えてください。
13-MAR-2014
 USB-keyからマルチブートが出来ないが?
   Smart Update Manager(SUM) v6.2.0では UEFI機に対応しました。この変更により USB-key等からのマルチブート設定がサポートされなくなりました。
22-MAY-2014
 SUM v6.3.1未満からアップグレードするには?
   Smart Update Manager(SUM) v6.0以降 v6.3.1未満で利用していたノード情報を SUM v6.3.1で引き継ぐには hpsum_migration.shを実行して移行する必要があります。v5.xで利用していたノード情報を引き継ぐには port_tagets.shを用意しています。詳細は -hオプションもしくは、サイト外リンクこちらの Smart Update Managerユーザーガイドを参照してください。
27-MAY-2014
FAQインデックス: ソフトウェア、管理ツール等
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡