Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS  >  OpenVMS

米国におけるサマータイムの変更について


コンテンツに進む

米国サマータイム (DST: Daylight Saving Time) の変更と OpenVMS での対応について

2005年エネルギー政策法 (Energy Policy Act of 2005) の成立により、 米国では 2007年よりサマータイム(DST: Daylight Savings Time) の期間が変更されます。 この変更に伴い、米国のタイムゾーンで運用されているシステムは、影響を受ける可能性があります。

2007年の米国サマータイム(DST: Daylight Saving Time)の変更内容:

2006

2007

米国 DST 開始日 米国 DST 終了日 米国 DST 開始日 米国 DST 終了日
4月の第1日曜日 10月の最終日曜日 3月の第2日曜日 11月の第1日曜日
2006年4月2日 2006年10月29日 2007年3月11日 2007年11月4日

さらに、インディアナ州のいくつかの地域で、2006年に米国東部標準時から米国中部標準時にタイムゾーンが変更されています。

DST の変更で影響を受けるシステム

以下のような場合は、今回の DST の変更で影響を受ける可能性があります:

  • 米国、カナダ、バミューダでコンピュータ・システムを稼動させている場合、特に、スケジューリングやタイムスタンプなど、時間に関係する機能をアプリケーションで持っている場合は影響を受けます。
     
  • 米国、カナダ、バミューダ以外で稼動しているシステムであっても、 新しい DST のもとで稼動するコンピューター・システムと相互に通信を行うシステムは影響を受けます。
     

OpenVMS での対応

次の表に示すように、タイムゾーン変更のための各 OpenVMS バージョン用のパッチキットが提供されています (これらのすべてパッチキットには、カナダのすべてのタイムゾーンをサポートするための修正も含まれています)。

OpenVMS バージョン パッチキット
OpenVMS VAX V6.2 VAXTZ01_062.A-DCX_VAXEXE
(下記の注意1を参照)
OpenVMS VAX V7.3 VAXTZ02_073
(下記の注意1を参照)
OpenVMS Alpha V6.2 ALPTZ01_062.A-DCX_AXPEXE
(下記の注意1を参照)
OpenVMS Alpha V7.3-2 VMS732_TZ-V0300
OpenVMS Alpha V8.2 VMS82A_TZ-V0200
OpenVMS Alpha V8.3 VMS83A_TZ-V0100
OpenVMS for HP Integrity servers V8.2 VMS82I_TZ-V0200
OpenVMS for HP Integrity servers V8.2-1 VMS821I_TZ-V0200
OpenVMS for HP Integrity servers V8.3 VMS831I_TZ-V0100
(下記の注意2を参照)
注意1: VAX 版および Alpha 版の V6.2 システムに関しては、このパッチは DECnet/OSI (DECnet Phase V) を使用している場合のみ必要になります。 V6.2 よりも新しいシステムは、DECnet のバージョンに関係なく、また DECnet を使用していなくても、パッチを適用してください。
注意2: OpenVMS V8.3 には、2006年3月時点の tzdata2006b にもとづいたタイムゾーン情報が反映されています。 これには、カナダのタイムゾーンのうち、山岳部標準時および太平洋標準時のタイムゾーン情報が含まれていません。 V8.3 におけるカナダの山岳部標準時および太平洋標準時のタイムゾーンのサポートは、 上記の V8.3 用のパッチキットで提供されます。

これらのパッチキットは、 IT リソース・センタ (ITRC) から入手できます。

VMS V5.5-2 の場合は、システム時間を手動で変更する必要があります。詳細は VMS V5.5-2 instructions (pdf, 英文) を参照してください。

システムの時間を変更するための別の方法

パッチによる修正の他に、 OpenVMS V7.3-1 以降のシステムでは、タイムゾーン・ファイルを処理する SYS$MANAGER:UTC$TIME_SETUP.COM を使用して, システム管理者がシステム時間とタイムゾーンを設定することが可能です。

手動による時間の調整方法については、SYS$EXAMPLES に用意されている DAYLIGHT_SAVINGS.COM も参照してください。

DST の変更に伴う HP Java ソフトウェアのアップデート

2007年のサマータイム期間の変更に対応して、 HP Java ソフトウェアに変更が必要な場合があります。 タイムゾーン・データのアップデート、製品の改善、セキュリティ修正などを利用するために、 最新の HP Java JDK/JRE アップデート・リリースを使用することをお勧めします。

DST をサポートする Java ソフトウェア・リリースについては HP Java website を参照してください。

 

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡