日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS

オペレーティング環境

HP Tru64 UNIX

オペレーティング環境
TruCluster Server
インターネット
システム管理
技術資料
マニュアル
Tru64 UNIX to HP-UX 11i
マイグレーション技術資料
企業ユーザ向けサポート
旧バージョンサポート
日本HPサイトマップ
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
Tru64 Unixの概要
概要と特長
リリース情報
V5.1B-6
V5.1B-5
V5.1B-4

Tru64 UNIXオペレーティング・システムは、カーネギーメロン大学のMach V2.5カーネル・デザインとBerkeley Software Distribution(BSD)4.3および4.4、UNIX System V、およびその他のソースからのコンポーネントを基にして設計されている64ビット先進カーネル・アーキテクチャーです。

対称型マルチプロセッシング(SMP)、リアルタイム・サポートを提供するとともに、シェアード・ライブラリやマルチスレッド・サポート、メモリー・マップ・ファイルを使用するアプリケーションの開発を支援するための多数の機能を提供しています。また、The Open GroupのX11R6.5(X Window System、Version 11、Release 6.5)の全機能をサポートしてます。 さらに、POSIX、FIPS、SVID(System V Interface Definition)をはじめ、多くの標準及び業界仕様に準拠しています。 SVIDのサポートを提供することにより、Tru64 UNIXはSystem Vアプリケーションをサポートします。 Tru64 UNIXオペレーティング・システムは、Berkley 4.3およびSystem Vプログラミング・インターフェースとも互換性があります。

Tru64 UNIXオペレーティング・システムの数多くの機能により、システムの性能、スケーラビリティ、可用性が最大レベルにまで高められ、同時にシステムの管理や操作も容易に行うことができます。情報テクノロジー能力を拡張しながら、性能の向上と最高レベルの可用性の確保を求めているユーザーにとって、 HPは業界最高水準のUNIXソリューションを提供します。


Tru64 UNIXの機能と拡張機能


Tru64 UNIXによって、エンタープライズ・アプリケーション、高性能なテクニカル・コンピューティング、ビジネス・インテリジェンス、およびインターネット通信をサポートする多数の重要な機能と拡張機能が提供されます。これらの機能の大部分は基本オペレーティング・システムに統合されていますが、一部機能は「Tru64 UNIX Associated Products」CD-ROMにふくまれているオプション・コンポーネントおよび別ライセンスの製品で提供されています。

Tru64 UNIX V5.1Bは最新のAlpha 21364プロセッサ(EV7)への対応をはじめとして、 SSHのOSへのバンドル、ストレージ管理機能の強化、IPv6のサポート強化、 Unicode V3.1への対応などが行われています。

Alpha 21364プロセッサ(EV7)をサポート

Alpha 21364プロセッサ(EV7)Alpha 21364プロセッサ(EV7)は従来のEV6系のアーキテクチャーを踏襲しながら、プロセッサー間を直接接続するオンチップルーターや 1.75MBのオンチップL2キャッシュ機能などにより、高いパフォーマンスと高度な拡張性を実現した次世代Alphaプロセッサです。
  • Alpha 21364プロセッサ(EV7)上での機能拡張
    Alpha 21364プロセッサ(EV7)を採用した大規模なAlphaServerシステムに対応するための機能拡張を行っています。まず可変メモリー・ページ・サイズを実現することにより、これまでの8KB固定から最大4MBまで設定することが可能となります。これによってアプリケーションに最適なページ・サイズを選択し、システムのパフォーマンスを向上できます。

スケーラビリティ

サポートできる CPU 数の増加、VLM でのサポート最大メモリの増大、サポートするファイルサイズやストレージ規模の拡大 (4 TB 以上)、パフォーマンス・ベンチマーク数値の向上、SCSI-3や新しいデバイス名やFibreChannel のサポート、ダイナミック・チューニング、等々のスケーラビリティの拡張を行っています。
  • NUMA(Non-Uniform Memory Access)
    AlphaServer GSシリーズでは、不均等メモリ・アクセス(NUMA)アーキテクチャーを採用しており、多数のCPUを搭載したマルチプロセッサー環境を可能にしています。Tru64 UNIXでは、オペレーティング・システム・ソフトウェアもNUMAに対応しており、従来のアプリケーションがソースコードの変更なしで、最適な性能で動作します。

  • VLM(Very Large Memory)と大規模ストレージ機能
    Tru64 UNIXは、大規模のメモリをサポートするため、VLM構成においてメモリをより効率的に利用できます。4テラバイト以上のファイル・システムおよびストレージ・システムがサポートされます。

  • パラレル・バス・スキャン
    SCSI および Fibre Channel バスのパラレル・スキャニングを有効にすると,システムはすべてのバスの走査を (1 つずつ順番にではなく) 同時に行います。この機能により,デバイスを検出する時間を短縮できます。多数のストレージ・デバイスを持つシステムでは,この機能によるブート時間の短縮は非常に大きなものになります。

TruCluster Server

TruCluster Serverは、Tru64 UNIXソフトウェア、複数のAlphaServerシステム、および多数のストレージを高度に統合し、単一のシステムとして稼動させるためのソフトウェアです。TruCluster Serverクラスターは、複数のシステムから構成されていても、単一の仮想システムとして動作します。クラスターのメンバーは、単一のセキュリティと管理ドメインで、リソース、データ・ストレージ、クラスター単位のファイル・システムを共有する一方、各メンバーは、クラスターを中断せずに独立してブートまたはシャットダウンできます。 TruCluster Server環境は、必要に応じて単純化または多機能化することができます。必要に応じて、2ノードから8ノードまでのクラスターを構成し、可用性の高いアプリケーションを実行できます。
 
詳細はこちら

インターネット

Tru64 UNIX の持つパワー、可用性、スケーラビリティ、セキュリティ機能に加え、様々なソリューションを提供し、インターネット・ビジネスを強力に支援します。 Internet Express for Tru64 UNIX (IX) は、広く一般に利用されているインターネット・ソフトウェアとHPが開発した管理ソフトウェアを統合したソリューションです。
  • Secure Web Server
    Tru64 UNIXリソースに含まれているSecure Web Serverは、業界標準のApache Software Foundation(ASF)のコードをベースとしています。HPでは、156ビットまでの暗号化が可能なSSL(Secure Sockets Layer)機能を含めることにより、ベースとなるASF製品を改良しています。Secure Web Serverには、Java Servlets、Java Server Pages、およびHypertext Preprocessor(PHP)のサポートも含まれています。

  • セキュリティ機能を強化
    独自のセキュリティ機能に合わせてWindowsサーバーの標準的なセキュリティ環境である「Kerberos(ケルベロス)」を利用したシングル・サインオンの機能をOSキットにバンドルしております。また、認証を含めたセキュリティの基盤環境である「CDSA」やネットワーク上で安全なデータ転送を行うためのソフトウェアである「SSH(セキュア・シェル)」をOSにバンドルしております。

  • インターネット・ツールの拡張
    インターネット関連のツールを組み合わせたパッケージソフト「Internet Express」を提供、bindネーミング・サーバーの最新版などを提供します。またOS付属のWebブラウザとしてNetscape Web Client for Tru64 UNIX を提供します。

  • OS機能としてIPv6をサポート
    これまでは評価版として提供していたインターネット・プロトコル・バージョン6(IPv6)向けの解析ツールやIPv4からの移行ツールをOS機能としてバンドルしております。また、モバイル環境に対応したMobile IPv6についても評価版として提供します。
 
詳細はこちら

システム管理

Tru64 UNIXは、システムの構成、およびチューニングを容易にし、日常の保守および管理タスクを単純化するアプリケーションや機能を数多く提供しています。
  • SysMan Menuによるタスクの管理
    さまざまなシステム管理タスクを編成するためのフレームワークを提供するSysMan Menuにより、種々の管理アプリケーションをこのユーティリティから起動することができます。

  • SysMan Stationによるタスクの管理
    SysMan Stationは、Tru64 UNIXシステムをグラフィカルに表示し、任意のコンピューターからシステムを遠隔管理するための機能です。このJavaユーティリティは、TruCluster Serverソフトウェアに完全に統合されています。

  • Quick Setupによるシステムの構成
    重要かつ一般的に実行されるシステム設定の手順を提供するための機能です。この機能により、システムを基本的なシステム構成でセットアップするための、迅速かつユーザー・フレンドリな方法が提供されます。

  • メモリ巡視機能
    メモリ巡視機能(memory trolling)とは、メモリ・エラーを事前に発見して対処するために、システム・メモリを読み込むプロセスです。Tru64 UNIXでは、AlphaServer GSシリーズの各システムでメモリ巡視機能をサポートしています。

  • ストレージ管理機能の強化
    ミラーリングされた論理ボリュームに対して高速プレックス・アタッチ機能を利用してバックアップやリカバリの大幅な高速化を実現しました。また、「vfastユーティリティ」をOS機能に追加することで、アプリケーション処理に影響を与えずに自動的にフラグメンテーションの除去や空き領域の収集などを行います。
 
詳細はこちら

サポートの強化

また、最新のTru64 UNIXは、以下のようなサポートの強化を行っています。
  • System V のサポート
    System V環境は、コマンド、サブルーチン、およびシステム・コールの代替バージョンで構成されており、ベース・システムおよびカーネル拡張のすべての構成要素に関して、System Vインターフェ−ス定義(SVID)で定義されているソース・コード・インターフェースと実行時動作をサポートしています。System V環境を使用すると、省略時のシステム・コマンドとシステム関数の変わりに、System V対応のコマンドおよび関数(システム・コールとサブルーチン)が使用されます。Tru64 UNIX System V環境では、SVID2とSVID3のすべての機能がサポートされています。

  • Linuxツールの拡張
    従来から提供していたLinux Portability Toolsについても、新規にフリーウェアの「OpenOffice.org」をサポートするなど強化を図ります。

  • Unicodeサポートの強化
    グローバルなビジネス環境を支援するため、Unicode Version 3.1 に対応し、新たに 40,000 文字以上が追加されました。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡