Jump to content
日本-日本語

HP Storage

 お問い合わせ
 製品 & サービス 
サポート & ドライバー
 ソリューション 

HP P6000 Enterprise Virtual Array

進化し続けるHP独自の仮想化テクノロジー
年度末キャンペーン「HPサーバーへのりかえ割」がスタート HP StoreOnce Catalyst HPでSANをはじめてみませんか? SANソリューションガイド
Content starts here
HP P6000 Enterprise Virtual Array

製品概要 - Tab
特長と利点 - Tab

ソフトウェア

- Tab - Selected
仕様一覧 - Tab

P6000 EVAのソリューションを支える豊富なソフトウェア製品群

HPではP6000 EVAの運用性、耐障害性を支える、豊富なソフトウェア製品群を提供しています。P6000 EVAとこれらのソフトウェア製品を組み合わせることにより、堅牢で運用の容易なストレージ・ソリューションが構築され、日々変化するIT環境に対して、より柔軟に対応していくことが可能です。

P6000 Command View

P6000 Command ViewはP6000 EVAの設定および管理を簡素化するソフトウェアです。直観的な日本語GUIにより、EVAの初期設定はもちろん、運用中のディスク追加に伴うLUNの拡張、イベント監視、LUNマスキングによるセキュリティ管理などが行えます。

  • 全ての世代のEVAの構成および管理機能
  • 性能管理ツールEVAPerfを使用してP6000 EVAの性能を視覚的に監視し、ボトルネックを迅速に特定して解決できます
  • 中央コンソールからSAN上の全てのP6000 EVAを管理可能
  • 日本語GUIモジュールにて提供

シン・プロビジョニング
HP P6000 EVAの シン・プロビジョニング機能は、物理領域を確保すること無しに、ホスト側に物理領域を越えるVdisk領域を提供することができます。ホストがVdiskへデータの書き込みを行うと、P6000 EVAのファームウェアは自動で必要なVdiskの領域を割り当てます。この機能により、30%〜50%物理領域を節減することができ、投資費用の最適化、システム容量の高効率化、電力とクーリングの省エネ、管理コストの削減などのメリットを提供します。
シン・プロビジョニング イメージ

Dynamic Capacity Management
Dynamic Capacity Management(DCM)は、ボリュームの拡大・縮小といった管理作業を自動化するソフトウェアです。このDCMは、アプリケーションのニーズに応じてファイルシステムやボリュームサイズを自動で最適化する優れた機能を備えており、直観的なGUIからポリシーを入力することで、オンラインで簡単に設定を変更できます。これにより管理工数を大幅に削減できるだけでなく、最適なサイズでストレージを提供することで利用効率を高め、投資効果をより大きくできます。
シンプロビジョニングとDCMのライセンスは、P6000 Command Viewライセンスにバンドルされているため、個別の追加ライセンスは必要なく、いつでも使用可能です。これらシンプロビジョニングとDCMは互いに補完する機能であり、同時にご使用いただくことでより高効率化、最大限の投資効果を提供します。


P6000 Performance Advisor

サーバ―・ストレージの仮想化が進むにつれ、パフォーマンス関連のトラブルにかかる工数は増大しつつあります。P6000 Performance Advisorはそんな悩みを解決します。トラブルシューティングにかかる工数を劇的に削減するだけでなく、健全なストレージ性能を維持し、お客様のビジネスを支えます。
P6000 Command Viewの直観的かつ使いやすいGUIを用いており、P6000 EVAの性能を監視しやすく、問題点の早期発見などより優れた管理環境を提供します。

  • 使いやすいパフォーマンスモニター
  • 直観的に理解しやすいダッシュボード画面
  • 主要な項目ごとに性能評価・管理が可能
  • レポーティング機能、およびチャート機能が強化

P6000 Business Copy

P6000 Business Copyは、P6000 EVAアレイベースのリプリケーション・ソフトウェアです。一般的なスナップショット機能に加えて、物理ディスク・リソースを節約するVスナップ機能、データのクローンを作成するスナップクローン機能、差分同期やインスタント・リストアを可能にするミラークローン機能、オンラインでLUN、RAIDタイプなどを変更でき、ホストサーバーに影響を与えないダイナミックLUN/RAIDマイグレーション機能を提供します。統一されたユーザー・インターフェイスにより優れた管理環境を提供します。

スナップショット
論理ディスクのスナップショットを作成するときにディスクグループ内のコピーが必要なボリュームを確保する、従来タイプのスナップショットです。

Vスナップ
論理ディスクのスナップショットを作成後、ストレージプール内の空き容量から必要な容量を自動的に確保して、データの変更分だけを新たにディスクへ書き込むため、物理ディスク・リソースを節約します。ファイルサーバーや更新が少ないシステムでのデータのバックアップ運用に有効な機能です。

スナップクローン
論理ディスクのスナップショットを作成後、ストレージプールにデータのクローンを作成します。異なるストレージプールにもクローンを作成でき、ディスクI/Oの分散を可能にします。また、スナップショット作成後すぐに利用可能になるので、データベースのオンラインバックアップ等に有効です。

ミラークローン
ミラークローンはスナップクローンを補間する機能です。ミラークローンは複製元の変更に追従させることやポイントインタイムコピーなどの用途で再同期させること、複製元のインスタントリカバリなどに有効です。

ダイナミックLUN/RAIDマイグレーション
ワンステップで階層化ストレージを実現できる機能です。スペース効率の良いRAIDレベルへ移行、低コストのHDDのDiskgroupへ移行、アクセス頻度の多いLUNを別のDiskgroupへ移行、アプリケーションのダウンタイム無しでクリティカルデータを別のドライブへ移行などロードバランスとパフォーマンスの改善に有効です。
Vスナップ イメージ


スナップ・クローン イメージ


ダイナミックLUN/RAIDマイグレーション イメージ

P6000 Continuous Access

P6000 Continuous Accessは、無停止のビジネス運用を可能にするストレージベースのデータ・リプリケーションを提供します。リモート・ミラーリング機能とディザスタ・リカバリの自動化、さらに P6000 EVAの管理サーバー経由でのリモートアクセス、フェイルオーバー/フェイルバック・オペレーションなど、エンタープライズ・クラスの高可用性ソリューションを実現します。

P6000 Continuous Access イメージ

Cluster Extension

HP P6000 Cluster Extensionは、サーバークラスターとP6000 Continuous Accessのリモートデータ複製機能を連携させ、遠隔地のバックアップサイトにホストアプリケーションのフェイルオーバ/ フェイルバックを提供します。この機能により災害などのアクシデント時に数秒または数分以内にリモートサイトへ運用を切り替えることが可能です。これにより最小のダウンタイムでビジネスを継続することができます。HP P6000 EVAファミリと、WindowsとLinuxの各ホスト環境において、災害対策クラスターを提供しています。

Cluster Extension イメージ




お問い合わせ

製品に関する詳細情報、およびご購入の際は弊社販売店、またはHP カスタマー・インフォメーションセンターまでお問い合わせください。
HPカスタマーインフォメーションセンターの電話番号は03-5749-8291、平日午前9時から午後7時、土曜午前10時から午後6時、祝祭日、5月1日、年末年始など弊社指定の休業日は除きます。 お問い合わせ
※ご購入後のお問い合わせは、お手元の保証書内保証規定に記載の電話番号へお問い合わせください。

≫ このページのトップへ