Jump to content
日本-日本語

HP Storage

 お問い合わせ
 製品 & サービス 
サポート & ドライバー
 ソリューション 

高可用性および複製

HP P9000 ソフトウェア
年度末キャンペーン「HPサーバーへのりかえ割」がスタート HP StoreOnce Catalyst HPでSANをはじめてみませんか? SANソリューションガイド
Content starts here

HP P9000 Business Copy Software

概要

HP P9000 Business Copyは、オンラインの本番環境を一切中断させることなく、開発、テスト、またはバックアップ用のデータコピーを、ほぼ瞬時にP9500 Disk Arrayから作成します。P9000 Business Copyでは、ソースボリュームへのアクセスを中断させることなく、RAIDで保護されたコピーボリュームを作成および維持できます。コピーボリュームは非同期に更新されるため、プライマリアプリケーションのI/O応答時間に与える影響を最小限にとどめながら、コピーが最新状態に維持されます。これらのコピーボリュームは、任意の時点で、対応するソースボリュームから「分割」でき、他のアプリケーションからアクセスすることもできます。そのため、コピーボリュームが使用中であっても、プライマリアプリケーションはパフォーマンスを低下させることなく必要に応じてソースボリュームにアクセスしたり、ソースボリュームを更新したりできます。P9000 Business Copyでは、作業を中断することなく、重要なビジネスデータのコピーを複数作成できるため、データを最大限に活用できます。

Snapshot P9000は、Business Copyの機能の1つとして提供され、データボリュームの複製を作成しますが、作成されるのは容量効率に優れたセカンダリコピーであり、そのサイズはプライマリコピーのサイズを大きく下回ります。セカンダリボリュームに書き込まれるのは、プライマリボリュームに上書きされようとしているデータだけです。この処理のことをコピーオンライトと呼びます。これにより、Snapshot P9000では必要となるボリューム容量が少なくて済むので、複製のコストを軽減できます。スナップショットは、セカンダリボリュームへのI/Oが書き込み中心ではない、またはセカンダリボリュームへの読み取り/書き込みが集中しないアプリケーション環境の場合に推奨されます。

これらのセカンダリコピーは「仮想ボリューム」または「V-Vol」とも呼ばれます。すべてのV-Volは、POOL-VOLと呼ばれるスナップショットプールに格納されます。POOL-VOLのサイズは、V-Volの数およびそれらのV-Volに関連付けられているプライマリボリュームのI/O比に基づいて決定されます。

製品のハイライト

  • リアルタイムのローカルデータミラーリング
  • 多様なデータ保護およびリカバリソリューションに対応
  • コピーされたボリュームに瞬時にアクセス可能
  • フル容量の複製を使用する場合は最大で9個までの同時コピー、スナップショット部分容量複製を使用する場合は最大で64個までの同時コピーを作成可能
  • P9000 RAID Managerによりホストエージェント統合が可能
  • メインフレームボリュームタイプのローカル複製機能を提供するBusiness Copy for Mainframeのライセンスが付属

HP P9000 Continuous Access Software

概要

HP P9000 Continuous Accessファミリの高可用性データおよびディザスタリカバリツールは、複数のP9500 Disk Array間でのリアルタイムデータミラーリングを実現します。これらのツールにより、重要なデータの継続的可用性が確保され、壊滅的な障害に対する保護がもたらされます。P9000 Continuous Access製品は、多様なオープンシステム環境に対し、ホストに依存しないアレイベースのリモートリカバリ機能を提供します。高ワークロード環境でも、P9000 Continuous Accessにより高パフォーマンスのリモートミラーリングが実現されます。共有ミラーリングおよびホスト接続インターフェイスを使用すると、アレイリソースの利用効率が向上します。また、あらゆるリモートミラーリングベースのソリューションと緊密に統合できるため、P9000 Continuous Accessは、データ移行から高可用性サーバークラスタリングまで広範な作業に向けて導入できます。

基本製品であるP9000 Continuous Access Synchronousは、P9500 Disk Array間の同期リンクを使用する複製機能を提供します。P9000 Continuous Access Journalは、P9500 Disk Array間の非同期リンクを使用する複製機能を提供します。P9000 Continuous Accessを使用すると、P9500 Disk Array間のほか、異なる世代のXP Disk Array間でもデータをコピーできます。P9000/XP Disk Array世代間でのP9000 Continuous Accessの互換性に関する最新情報については、HPの担当者にお問い合わせください。

※注記: P9000 Continuous Access Journalには、P9000 Continuous Access Synchronousライセンスが含まれています。

製品のハイライト

  • P9500/XP Disk Array間でのリモートデータミラーリング
  • 広範なリモートミラーリングソリューションに対応
  • P9000 Continuous Access Synchronous: 同期コピーモード
  • P9000 Continuous Access Journal: ドライブベースのジャーナルファイルを使用する非同期コピーモード
  • シームレスで信頼性の高いミラーリングリカバリを実現する高速フェイルオーバー/フェイルバック
  • P9000 RAID Managerによりホストエージェント統合が可能
  • P9500 Disk Array P9000 Continuous Access Syncには、メインフレームボリュームタイプの同期リモート複製機能を提供するContinuous Access Synchronous for Mainframeのライセンスが付属
  • P9500 Disk Array P9000 Continuous Access Journalには、Continuous Access Synchronous for Mainframe、Continuous Access Journal for Mainframe、およびメインフレームボリュームタイプのジャーナルベースの非同期リモート複製機能を提供するCont Access Journal 3DC & 4x4 for Mainframeのライセンスが付属



お問い合わせ

製品に関する詳細情報、およびご購入の際は弊社販売店、またはHP カスタマー・インフォメーションセンターまでお問い合わせください。
HPカスタマーインフォメーションセンターの電話番号は03-5749-8291、平日午前9時から午後7時、土曜午前10時から午後6時、祝祭日、5月1日、年末年始など弊社指定の休業日は除きます。 お問い合わせ
※ご購入後のお問い合わせは、お手元の保証書内保証規定に記載の電話番号へお問い合わせください。

≫ このページのトップへ