Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ
製品&サービス

中小規模企業、SOHO向けディスクバックアップ製品発表

- USB接続、専用バックアップソフトで簡単に操作が可能で、専任のIT管理者がいない小規模オフィス、SOHOにもバックアップ環境を提供 -
年度末キャンペーン「HPサーバーへのりかえ割」がスタート HP StoreOnce Catalyst HPでSANをはじめてみませんか? SANソリューションガイド
コンテンツに進む

アナウンス - 2009年1月23日

ITの普及に伴い、大企業に限らず、中小規模企業、小規模オフィスにとってもデータ喪失の際のインパクトは大きく、バックアップの重要性は高まる一方です。しかし、小規模オフィスにおいては、専任のIT管理者がいないことに加え、バックアップ運用が複雑であり、また予算にも限りがあることから、データのバックアップを積極的に行えないのが実情です。

今回発表の「HP RDX」は、バックアップ初心者にも簡単に設定、操作ができるように設計された、低価格のディスクバックアップ製品です。製品に付属している「HP RDX Continuous Data Protection Software(HP CDP)」の使用により、簡単に初期設定、運用が可能です。持ち運び可能な専用のディスクカートリッジを使用しているため、データの外部保管ができ、災害対策としても利用できます。HPは、エントリークラスのバックアップ製品のライアンアップを拡充することで、従来バックアップを取ることが難しかったお客様、今までバックアップを取ることを検討していなかったお客様に、新たな選択肢を提供します。

詳しくは本日発表のプレスリリースへ

 HP RDX リムーバブルディスクバックアップ

HP StorageWorks RDX リムーバブルディスクバックアップイメージ画像
特集サイト
製品情報
専用バックアップソフトCDPにより初心者にも簡単にバックアップが可能
「HP RDX」に付属する「HP CDP」は、初心者にも簡単に設定、操作ができるように設計されたソフトウェアです。「HP CDP」により、連続的自動バックアップ、ドラッグ&ドロップによるファイルのバックアップとリストア(復元)、増分バックアップによるディスク容量の効率的利用がユーザの手間をかけず行うことができます。また、市販のバックアップソフトウェアを使用することによって、スケジュールを設定してのバックアップも可能です。「HP RDX」はUSBインタフェースで簡単に接続できます。

持ち運び、拡張可能なカートリッジ方式で、災害対策にも利用可能
「HP RDX」は、ディスクでありながら持ち運び可能な専用のカートリッジ方式を採用しているため、ディスクメディアを安全に外部に保管ができ、災害対策用のバックアップとしても利用できます。また、通常のディスクと違い、RDXメディアカートリッジを入れ替えるだけで簡単にバックアップ容量を拡張できます。

耐久性に優れたディスクカートリッジ
「HP RDX」メディアカートリッジは、持ち運びが可能な専用のディスクカートリッジです。衝撃に強く、1mの高さからの落下にも耐え、5000回のロード/アンロードに対応できるよう設計されています。



印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡