コンテンツへ進む
日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ
製品&サービス > HP Storage > テープ・ストレージ

HP Secure Key Manager

年度末キャンペーン「HPサーバーへのりかえ割」がスタート HP StoreOnce Catalyst HPでSANをはじめてみませんか? SANソリューションガイド
HP Secure Key Manager

ビジネスバリュー

エンタープライズテープライブラリ、および SAN スイッチ用の暗号化キーを安全に一元管理することにより、多額の損失を招く恐れがあるデータ侵害や評判低下のリスクを軽減し、法規制順守をサポートします。

*日本では販売していない製品、
サービスがございます。

製品の特長

- Tab - Selected

概要

バックアップテープや廃棄したディスクドライブが紛失したり盗難に遭ったりすると何が起きるでしょうか。保存データの暗号化キーが安全に保護されていれば、お客様の企業が経済的損失を被るリスク、社会的信用を失うリスクが軽減されます。

HP Secure Key Manager は、HP LTO-4 エンタープライズテープライブラリおよび Encryption SAN Switch 用の暗号キーを安全に一元管理することにより、多額の損失を招く恐れがあるデータ侵害や評判低下のリスクを軽減し、法規制順守をサポートします。Secure Key Manager は、暗号キーの管理を自動化する強化サーバーアプライアンスであり、厳格な FIPS 140-2 セキュリティ規格を満足するように設計された強力な監査可能セキュリティ機能により、ID ベースの安全なアクセス、管理、ロギングを実現します。Secure Key Manager は、さらに、複数サイト間での自動キー複製および高可用性クラスタリングにより、信頼性に優れたライフタイムキーアーカイブを実現します。暗号化クライアントは、柔軟性に優れたパスおよびノードフェイルオーバー機能を通じてクラスターにアクセスできます。

新機能

  • クラスターあたりの暗号化キー容量が 10 万キーから 200 万キーに拡張されました。これにより、Secure Key Manager が容量不足になることなく、より長期にわたって、より大量のデータのプライバシを維持できるようになりました。
  • 単一クライアントライセンス/ノード構成でのエントリ価格が引き下げられました。
  • 単一のハードウェア SKU に統合されたことにより、ご注文が容易になりました。
  • HP Encryption SAN Switch がサポート対象になりました。

特長とメリット

HP LTO-4 エンタープライズテープライブラリの暗号化キー管理を一元化

  • データ侵害のリスクを軽減:

    HP Secure Key Manager では、テープ上の暗号化されたデータのプライバシを維持して、お客様の企業の社会的信用を守りながら、法規制順守を向上し、データ侵害による経済的損失を回避できます。また、暗号化されたプライベート情報への不正アクセスが発生したことを発表しなければならなくなる事態を回避できます。

  • ポリシーベースの一元的な自動キー生成:

    分散型インフラストラクチャにまたがって存在する保存データの暗号化キーを単一の管理ポイントから、より容易に管理できます。テープドライブ数に関係なく、ノードごとに複数の ESL/EML LTO-4 テープライブラリがサポートされているため、投資保護が向上します。

  • ISV アプリケーションに対して透過的:

    既存のバックアップ/リカバリプロセスへの影響が軽減されています。キー管理とデータ暗号化は、バックアップアプリケーションに対して透過的に行われます。キーへのアクセス権限を持つHP Secure Key Manager のライブラリクライアント上でデータを暗号化できます。

  • 新しいオープン規格に対応できる拡張性:

    HP Secure Key Manager のアーキテクチャとプランは、HP ESL および EML テープライブラリ以降に登場する新しい暗号化クライアントにも対応します。HP では、このプラットフォームを使用して、インフラストラクチャ全体に及ぶ一元的なキー管理を構築し、全社的な情報保護を実現しています。

暗号化キーに対する強力な監査可能セキュリティ

  • セキュリティが強化されたサーバーアプライアンス:

    セキュリティが強化された Linux カーネル、二重のピッキング防止ロックと不正開封防止エンクロージャシールを備えたデュアルロックベゼルの採用により、汎用型のサーバーキーリポジトリをはるかに凌ぐプラットフォームセキュリティを実現しています。

  • 安全なアクセス、制御、デジタル署名入りログ:

    信頼のおけるインフラストラクチャを通じて社内セキュリティポリシー/制御を適用でき、信頼のおける監査証跡を通じて、暗号化およびキー管理アクティビティを法規制順守および監査検証の証拠として提示できます。

  • FIPS 140-2 レベル 2 セキュリティ (再認定申請中):

    HP Secure Key Manager は、厳格な暗号化方式の導入に最適で、AES-256 キー生成をサポートしています。また、FIPS 140-2 レベル 2 の再認定を申請中です。これは、SKM1.0 認定証明書 #999 に基づきます。

信頼性に優れたライフタイムキーアーカイブ

  • 複数サイト間での自動キー複製:

    数十年に達することもあるデータの保存期間全体にわたってキーを保持する必要があるため、高可用性と高信頼性が最重要課題となります。HP Secure Key Manager は、同じサイトでも複数のサイトにまたがる場合でも、アーカイブしたキーの高可用性を実現します。キーの複製は、クラスター内で自動的に行われます。

  • 包括的なキーバックアップ/リストア機能:

    HP Secure Key Manager では、キー、ポリシー、証明書、設定の追加コピーを暗号化ファイルとして生成できます。

  • 冗長デバイスコンポーネントおよびアクティブアラート:

    HP Secure Key Manager は、冗長デュアルファン、冗長電源、冗長ディスクドライブ (RAID 1 ミラーリング) を備えているため、総合的な信頼性に優れています。さらに、アクティブアラートと診断チェック機能により、アップタイムを維持します。

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡