Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品&サービス  > HP Storage

ストレージ選択のポイント(ミッドレンジ編)第4回

年度末キャンペーン「HPサーバーへのりかえ割」がスタート HP StoreOnce Catalyst HPでSANをはじめてみませんか? SANソリューションガイド
コンテンツに進む
障害時に初めてわかること ストレージの仮想化
価格だけでストレージを選んで後で後悔しないために、これまでパフォーマンスや可用性、運用コストなどのポイントについて解説してまいりました。なぜなら、運用段階に入ってからの追加コストや管理工数が管理者の負担として重くのしかかるという事実があるからです。最終回は、運用段階まで考慮すればHP EVAがベストなミッドレンジ・ディスクアレイ製品であることを、事例を交えながら実証していきます。
連載テーマ
第1回 「仮想化」のメリットを知っていますか?
第2回 「カタログスペックじゃ見えない性能とは?」
第3回 「わかってますか? 今かかるコストと長期のコスト」
第4回 「安さだけで選んでいいの? 本当に必要な機能とは?」

安さだけじゃ決められない理由とは?

 生産性向上の鍵を握る「仮想化」

膨大な情報を集約するストレージは、ハードウエアの低価格化が進む一方で、容量の増加に伴ない管理費が増加しています。これに対し、データ管理を担当するITスタッフの人員は、現状維持もしくは削減の方向にあります。つまり、一人一人にかかる負荷は、従来よりも増えているといえるでしょう。
使用効率の低いストレージ・グラフ
こうした傾向は、今後も継続すると思われます。ストレージの容量が増加するに連れて、設定や管理の作業はより複雑化し管理者の工数を圧迫し続けます。技術革新を伴わないルーチンワークの増加は、管理者にさまざまな弊害をもたらします。
弊害その1
本来なすべき戦略的な作業に従事する時間の確保が難しくなります。
(後手の対応)
弊害その2
長時間の残業や度重なる休日出勤を強いられ、余暇などの
プライベートな時間の確保が難しくなります。
(管理者の負担)
弊害その3
後手の対応が投資効率の悪化を招き、競争劣位を招きます。
(企業競争力の低下)
HP EVAが提供する「仮想化」の機能により、物理設計の自動化、管理工数の削減、利用効率の改善による容量の圧縮などが可能です。このため、管理者はルーチンワーク的な管理作業から解放され、より戦略的な作業に集中して生産性を高めることができます。

増え続けるデータ容量に少ないリソースで対応するには「EVA」

ストレージ製品の導入価格だけにとらわれるのではなく、限られた人員で増え続けるデータをいかに効率よく運用していくかを考えるのが、今後のストレージ選びの大きなポイントです。コスト削減が叫ばれている現在、「仮想化」は管理の手間だけではなく、運用コストの削減にも大いに効果を発揮します。
使用効率の低いストレージ・グラフ

 早わかりEVAのメリット

参照用データ保存に最適な「FATAディスク」が利用可能
>> 第3回「わかってますか? 今かかるコストと長期のコスト」をご覧ください
運用時の増設(LUN拡張)が容易
>> 第1回「『仮想化』のメリットを知っていますか?」
>> 第3回「わかってますか? 今かかるコストと長期のコスト」
仮想化による自動チューニングおよびキャッシュアルゴリズム
>> 第1回「『仮想化』のメリットを知っていますか?」
>> 第2回「カタログスペックじゃ見えない性能とは?」
仮想化の機能および管理ソフトウエアでラクラク設定
>> 第1回「『仮想化』のメリットを知っていますか?」
管理ソフトウエアCommand View EVAにより操作が簡単
>> 第3回「『仮想化』のメリットを知っていますか?」

≫ このページのトップへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡