Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス  > タブレット

FAQ


HPがお勧めするWindows® 7.

Tablet PC

HP Slate 2 Tablet PC
HP EliteBook 2760p Tablet PC
サービス & サポート
ご購入”前”のお問合せ
ご購入”後”のお問合せ
旧モデルの情報
導入事例
タブレット機能搭載ノートPC導入事例
製品のリサイクルに
ついて
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む

 FAQ 一覧

<製品コンセプトに関して>
Q.01   タブレットPCはノートPCとどこが違うのですか?
Q.02   タブレットPCはPDAとどこが違うのですか?
Q.03   タブレットPCはどのような用途に使えるのでしょうか?
Q.04   他社のタブレットPCと比べてHPのTabletPCのユニークなポイントは?
 
<使い方に関する質問>
Q.05   プロジェクター等に接続することは可能ですか?
Q.06   戸外で使用する場合、落とした場合の耐久性や雨の中で使用は大丈夫でしょうか?
Q.07   ペンをなくした場合は?
Q.08   ペンの電池はどのくらいもちますか?
Q.09   ペンの電池は何処で購入出来ますか?
Q.10   リカバリの方法は?
Q.11   ペンでドラッグはできますか?
Q.12   Tablet PC 専用キーボードをドッキングステーション接続時に使用できますか?
Q.13   透明スベリ止めシートを張っても使えるか?
 
<技術的な質問>
Q.14   トランスメタのプロセッサと、インテルPIIIのCPUとの性能差は?
Q.15   トランスメタ製のプロセッサを搭載した理由は?
Q.16   オプションの外付けマルチベイはUSBバスパワーで使用できますか?
Q.17   音声入力は使える機能ですか?
Q.18   筆圧感知には対応していますか?
Q.19   他社のタブレットPCのペンを使用できますか?
Q.20   ワイドビューフィルムのディスプレイですが、視野角はどの程度改善しているのでしょうか?
Q.21   ドメインログオンは可能ですか?
Q.22   タブレットPC用のプログラム開発はどのようにすればよいか?
Q.23   Journalで作成したファイルの形式は?
Q.24   無線LANのアクセスポイントを認識しません。
 
<販売情報について>
Q.25   Microsoft® Office® プリインストールした製品の発売予定は?
Q.26   オンサイトサポートや保証期間の拡張は用意されているか?
Q.27   サードパーティ製のタブレット対応ソフトウエアの販売予定は?
Q.28   ドッキングステーション接続用のキーボードの発売予定はありますか?
Q.29   画面保護用シートや首掛けストラップのようなオプションの発売予定はありますか?
Q.30   雨など悪環境用のケースの発売予定は?
Q.01    タブレットPCはノートPCとどこが違うのですか?
A.    ノートPCとの違いは、
・ディスプレイに直接ペンで入力したり、操作ができる。
・入力した文字や絵を保存したり、検索できる。
・ペン入力した文字をテキストに変換できる。
・モバイルでの使い易さを高めるために縦方向での表示が可能。
・立ったままでも片手で持ってペン入力ができる。
・音声認識機能が強化されている、などです。
なお、OSのMicrosoft® Windows® XP Tablet PC Editionは、今までのMicrosoft® Windows® XPと完全互換であるため、ノートPCで使用している既存のソフトはそのまま使用可能です。
Q.02    タブレットPCはPDAとどこが違うのですか?
A.    PDAとの違いは、
・ペン入力に電磁誘導方式を用いているため、反応速度が速く、解像度が高いため紙にペンで書くような自然な感覚で書ける。
・また、文字認識の精度も向上している。
・Microsoft® Windows® XPと完全互換でノートPCとしても使用できる。
・ディスプレイサイズが大きく、解像度も高いなどの特徴があります。

ただし、
・PDAと比べると価格が高い。
・重い。
・手や普通のペンなど専用ペン以外のデバイスでは入力できない、などの違いがあります。
Q.03    タブレットPCはどのような用途に使えるのでしょうか?
A.    一般のオフィスでモバイルノートPCの変わりに使用可能です。その場合ユーザには、・モバイル使用時にペンで気軽に操作できるため、在庫の確認や注文受け付けなど営業支援ツールとして活用可能、・時と場合によって手書きを使って印象深いコミュニケーションがとれる、・ペンでマーキングしたりして分かりやすいプレゼンテーションを行える、・会議などでホワイトボードの画面をそのままメモして活用できる、・文書の手直しの際、ペンで直接修正ヶ所を指定してコメントをいれたりできる、などのノートPC+αのメリットを提供します。“ノートPC(又はデスクトップPC)+PDA“の使用環境をTablet PC 1台に集約可能です。

また、今までノートPCやPDAでは難しかった特定用途における活用方法も考えられます。金融、製造、倉庫、運輸、病院、官公庁、学校、小売、建設など様々な業種でよりTablet PCの活用が考えられます。例えば、病院のカルテをタブレットPCにすることで各種データをリアルタイムに集約したり、図面と実際の建造物を比べて変更点などをその場で図面に反映させたり、ファイナンシャル・シミュレーションをお客様に説明する際に実際の画面をペンで操作しながら説明できます。
Q.04    他社のタブレットPCと比べてHPのTabletPCのユニークなポイントは?
A.    最大の特徴は、ピュアタブレット、ノート、デスクトップとユーザの用途に合わせてタブレットPCの形態が変化する独自のプラットフォームです。他社製タブレットPCは、ノート的に使えるがキーボードをとりはずしたピュアタブレットにできなかったり、ピュアタブレットとして使えるがモバイル環境でキーボードを取り付けられないなど、HPのように3つのタイプに全て対応することが不可能です。そのほか、タブレットに特化して設計した独自のデザイン、手書きの場合の使い易さ(ペンとデジタイザの使用感と手書きに特化したフラット&ハードコーティングディスプレイ)、ワールドワイドでの保証体制、1.4kgという軽さなど独自の特徴を備えています。
Q.05    プロジェクター等に接続することは可能ですか?
A.    VGAポートが標準で付属しているので可能です。
Q.06    戸外で使用する場合、落とした場合の耐久性や雨の中で使用は大丈夫でしょうか?
A.    TabletPCは基本的にはノートPCのプラットフォームを基本にデザインされたPCです。従いまして、一般のノートPCと同様の配慮が必要となります。ただし、ピュアタブレットモードの場合はキーボードを使用しませんので、キーボード回りからの水の入り込みの危険性はありません。表面は一枚ガラスですので比較的水に強いといえます。ただし、空気口や各ポート、裏面のバッテリ周りなどは水に弱いですので使用にあたりましては十分な配慮が必要です。
Q.07    ペンをなくした場合は?
A.    ペンをなくした場合は、感圧式のPDAと異なり手などで入力することができません。オプションでペンを別途購入いただく必要がありますのでご注意ください。オプションのペンは4800円です。なお、ペンとTabletPCにはストラップ用の穴がついていますので、なくさないようにストラップを取り付けられることを推奨いたします。現在、ストラップはオプションとして販売しておりません。
Q.08    ペンの電池はどのくらいもちますか?
A.    ペンの電池は通常の使用で約半年〜1年間使用できます。
電池がなくなると反応が遅くなったり、動作しなくなりますので、その場合は電池(単6電池)を交換してください。
Q.09    ペンの電池は何処で購入出来ますか?
A.    HPは単6電池の販売はしていません。単6電池は、一般の電器店で取り扱っていない場合が多いですので、大型電器店等では取り扱っていると考えられますのでお問い合わせください。
Q.10    リカバリの方法は?
A.    OSに標準のタイムスタンプを押したある時点にシステムを戻すリカバリ機能をお使いいただけます。もちろんクイックリカバリCDが添付されておりますので、そちらで初期状態にリカバリすることも可能です。その場合は、オプティカルドライブを使用する必要があります。ドッキングステーションまたは、外付けマルチベイとオプティカルドライブを別途ご購入いただく必要があります。
Q.11    ペンでドラッグはできますか?
A.    ペンは2ボタンマウスと同様にお使いいただけます。例えば、ペンを1回押す(タップする)とマウスの左クリック、2回タップするとダブルクリックです。従って、押したままペン先を移動させるとドラッグすることができます。また、ペンの胴体部のボタンを押したままタップするとマウスの右クリックと同じ動作となります。
Q.12    Tablet PC 専用キーボードをドッキングステーション接続時に使用できますか?
A.    専用キーボードはモバイルでの用途でデザインされています。ドッキングステーションに接続する場合の動作検証はとられておりませんしサポートされていません。また、専用キーボードはフルサイズの95%とモバイルでは余裕のキーサイズですが、デスクトップ用途としては小さいですので、実際にデスクトップ環境で十分に使いこなすためには、多くのユーザはデスクトップ用のキーボードを使用すると考えています。
Q.13    透明スベリ止めシートを張っても使えるか?
A.    電磁式のデジタイザを使用していますので,display面にシートを貼っても、電気を通さないものであれば、ペン先位置の検出には問題ないと考えられます。HPにて動作検証はされていませんので、お客様の責任の範囲でお試しいただくこととなります。ただし、書き心地などが若干変わる可能性がありますので、ご了承ください。
Q.14    トランスメタのプロセッサと、インテルPIIIのCPUとの性能差は?
A.    キャッシュ容量は512KBとほぼ同じ容量です。ただし、キャッシュアルゴリズムによって、同じ処理を繰り返すような用途であればRISCプロセッサであるトランスメタのパフォーマンスは向上します。異なる処理を全般的に行うベンチマークソフトでは同じクロック数の場合、PIIIのほうがが良い結果がでる場合が多いと思われます。実際の体感スピードでも同クロック数で比較した場合、トランスメタの方が若干遅く感じることがあるようです。なお、パフォーマンスはお客様の個々のアプリケーションや使用環境にも依存しますので、一概には比較できませんので、ご了承ください。
Q.15    トランスメタ製のプロセッサを搭載した理由は?
A.    トランスメタのプロセッサは、低消費電力、静音性の高さ、低熱などの特徴があり、モバイルでの用途に向いています。製品の仕様スタイルを検討した結果、今回はモバイル環境での用途により適したトランスメタ製のプロセッサを搭載いたしました。
Q.16    オプションの外付けマルチベイはUSBバスパワーで使用できますか?
A.    使用可能です。ただし、USBポートの片方を使用する必要があります。TabletPCのUSBポートは片方のみ横に小さな穴があいており、そこから電源を供給する仕組みになっています。Evoノートシリーズ共通の外付けマルチベイには通常のUSBケーブルとは別にこちらの小さな穴へ差し込む端子のついたUSBケーブルが添付しています。こちらを使うことで別途コンセントからドライブへの電源供給することなしにドライブを動作させることが可能です。
Q.17    音声入力は使える機能ですか?
A.    OSの標準機能として音声入力にも対応しています。TabletPC入力パネルから音声入力を選択して入力いただけます。最初に使う時に、サンプルの音声を入力できる学習機能があるので、認識率はこれまでのPCに比べて向上しています。なお、外部マイクでは認識率が悪いですので、オーディオ入力ポートにマイクを接続しての使用を推奨しています。
Q.18    筆圧感知には対応していますか?
A.    現在筆圧感知には対応しておりません。将来の対応予定も未定です。
Q.19    他社のタブレットPCのペンを使用できますか?
A.    弊社で動作確認しておりませんが、一部メーカー製のペンでは使用できないことが確認されています。逆に弊社のペンも一部メーカーのタブレットPCでは使用できないことが確認されています。
Q.20    ワイドビューフィルムのディスプレイですが、視野角はどの程度改善しているのでしょうか?
A.    通常約15度の視野角が約25度に改善しています。
Q.21    ドメインログオンは可能ですか?
A.    基本的にMicrosoft® Windows® XP Professionalのスーパーセットなのでドメインログオンも可能です。
Q.22    タブレットPC用のプログラム開発はどのようにすればよいか?
A.    Microsoft® Tablet PC Platform SDKがWeb(ダウンロードセンター)から無償ダウンロードできます。
http://www.microsoft.com/downloads/release.asp?releaseid=43334&area=featured&ordinal=3
VisualStudio6(SP5以降)で開発ができます。
Q.23    Journalで作成したファイルの形式は?
A.    .jntという形式になります。ただし、mhtやtif形式にエクスポートできます。Journalのデータはビットマップではなく、テキストデータとして扱われています。したがって、後から手書き文字を検索できたりします。ただこのままでは従来のPCでは開くことができないので、web形式やtiff形式にエクスポートする機能も持たせています。
Q.24    無線LANのアクセスポイントを認識しません。
A.    アクセスポイントに正しく動作していることを確認後も、動作しない場合は、デバイスマネージャのネットワークアダプタで802.11b無線LANのプロパティにおいて、地域を「日本」から「日本(MKK1)」に変更することで認識できる場合があります。サービス&サポートのWebサイトもご参照ください。
Q.25    Microsoft® Office® プリインストールした製品の発売予定は?
A.    現在検討中です。詳細がきまりましたら、正式発表いたします。2003年第一四半期中に発表予定です。
Q.26    オンサイトサポートや保証期間の拡張は用意されているか?
A.    用意されています。ノートブック用(ノートブックA用)のCarePAQをご購入ください。
Q.27    サードパーティ製のタブレット対応ソフトウエアの販売予定は?
A.    現在のところ予定はありません。
Q.28    ドッキングステーション接続用のキーボードの発売予定はありますか?
A.    USBキーボードを発売する方向で検討中です。時期は2003年第1四半期中を予定しています。
Q.29    画面保護用シートや首掛けストラップのようなオプションの発売予定はありますか?
A.    現在のところ予定はありません。
Q.30    雨など悪環境用のケースの発売予定は?
A.    現在のところ予定はありません。

Windows 7 の機能を最大限に利用するために、システムには、アップグレードされたハードウェアか個別に購入したハードウェアのいずれか、またはその両方が必要になる場合があります。
また、Windows 7 の全バージョンで全ての機能を利用できるわけではありません。詳しくは、http://www.microsoft.com/windows/windows-7/ を参照してください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡