Jump to content
日本-日本語

法人のお客様向け Thin Client

 お問い合わせ

繋がるシンクライアント

Content starts here

「繋がるシンクライアント」で様々なニーズに対応

企業のニーズや環境によって、シンクライアントに要求されるOSの種類や機能は異なります。クライアント仮想化環境への接続端末、特定アプリケーションの利用などPCの機能の一部を代替えする専用端末、パブリック・クラウドも含めたWebアプリケーションの利用端末など、それぞれの用途に適した機種を選ぶのはコスト的にも管理的にも大きな負担です。HPのシンクライアントなら、用途に応じてシンクライアントに搭載するOSを選べるだけでなく、将来的なニーズや環境の変化に応じてOSを変更できます。クライアント仮想化の方式ごとに個別のシンクライアントを購入する必要が無いため、効率的にシンクライアントを導入できると同時に、長期的な資産の活用と、投資金額の削減につながります。

変化する端末へのニーズに応えるHPシンクライアント

【変化する端末へのニーズに応えるHPシンクライアント】

繋がるシンクライアント

複数のソリューション対応で管理負担とコスト増を回避

クライアント仮想化+クラウドのハイブリッド環境にも適用可能

部門別シンクライアントの使い方提案

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。