Jump to content
日本-日本語

法人のお客様向け Thin Client

 お問い合わせ

繋がるシンクライアント

Content starts here

部門別シンクライアントの使い方提案

同じ企業でも、部門ごとにクライアントに対する要件やその運用は異なります。
例えば、プリセールスや営業部門のPCはMicrosoft OfficeとWeb利用が中心、申請ベースでUSBストレージデバイスや周辺機器の利用を認めているとします。このようなクライアント環境をシンクライアントで実現するために必要な機能を満たすのは、柔軟性の高いWES OSを搭載したシンクライアントです。

一方、工場やコールセンターではOfficeは使わず、特定のアプリケーションだけを利用し、USBなどの周辺機器は一切利用しない場合、適するシンクライアントは、クライアント仮想化環境へ接続するたけのシンプルな機能を持るゼロクライアントやスマートクライアントが適しています。またこのような拠点にはIT の専任管理者が不在の場合が多く、管理不要なゼロクライアントはこの面でも適しています。

HPでは、部門別、ニーズ別に合わせてシンクライアントを選ぶ事を提案します。将来的に用途が変わっても変更可能であるのに加え、(「ユーザーニーズやシステムの変化に柔軟に応えるシンクライアント」参照)異なるハードウェアやOSを一元管理する、HP Device Managerという管理ツールで管理者の負担を大きく削減することが可能です。

【HPシンクライアント部門別提案例】

部門 現状のPC シンクライアントに求められる要件 HPの提案
プリセールス・営業 ・MS OfficeやWeb利用が中心
・ウィルス対策、HDD暗号化実施
・申請ベースでUSBストレージデバイス、周辺機器利用
・接続ソフトウェア(ICAやPCoIPなど)の更新を迅速に実施したい
・要請に応じて周辺機器を使いたい
・使い勝手やレスポンスを変えたくない
製品:HP t5570e Thin Client
・柔軟性の高いWES OS搭載
・Windows Firewallセキュリティを利用
・一般OAに十分な性能
工場・コールセンター ・特定のアプリケーションのみ利用
・厳しいセキュリティ設定で周辺機器の利用不可
・PCは壊れるまで使う
・繋がるだけの単機能
・端末は全て同じ設定
・管理者不在で運用したい
製品:HP t5565z Smart Client
・接続するのみのシンプル機能(設定ファイルは1つだけ)
・N/W経由で設定の自動化
開発 ・ユーザーが自分でPCのチューニング実施
・セキュリティより生産性と効率性を重視
・高負荷アプリケーションを資料
・周辺機器を自由に使いたい
・4画面のディスプレイを使いたい
・高スペックでないと処理出来ない
製品:HP t610 Plus Thin Client
・大容量SSDを搭載し、自由度の高い利用が可能
・オンボードグラフィックス搭載
・デュアルコアAPU搭載の高速処理

注:最新の製品情報はHP Webサイト(http://www.hp.com/jp/thinclient)でご確認ください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。