Jump to content
日本-日本語

法人のお客様向け Thinclient

 お問い合わせ
 製品 & サービス 
サポート & ドライバー
   創る・楽しむ   

HP t5740ex Thin Client

製品特長

HD動画再生を実現する Crystal HD Media Acceleratar

高機能CPUとセキュアな最新OSを搭載

強力なグラフィックス機能に、インテル® GL40グラフィックス+Crystal HD Media Acceleratarを搭載。

H264/AVC、Mpeg-4、Divixなど、フルHD動画の再生が可能です。ローカルサイドの高い処理能力を活かして、シンクライアントの運用管理の容易性はそのままに、端末機としてのみならず、キオスク端末やストリーミング端末としても最適な高性能モデルです。

低消費電力プロセッサー

低消費電力マイクロアーキテクチャーをベースにしたインテル® Atom™ N280プロセッサーを採用。
従来モデル以下の消費電力で、約1.3倍のパフォーマンスを実現します。
インテル® Atom™ プロセッサー

最新OSと運用管理ツールを標準搭載

OSには、最新のWindows® Embedded Standard 7を採用。
Windows®ベースの強固なファイアウォール機能で高いセキュリティ性能を実現。

運用管理の手間と工数を削減するHP独自の管理ツール「HP Easy Tools」、「HP DeviceManager」「HP ThinState」など、大量導入時のセットアップや管理業務者の負荷を大幅に低減する運用管理ツールを標準搭載し、運用管理工数とTCOの削減が可能です。
最新OSと運用管理ツールを標準搭載

最大4画面表示にも対応可能

最新OSと運用管理ツールを標準搭載 HP t5740exは、拡張グラフィックスボードの搭載モデルを用意。最大解像度は、アナログモニター2,048×1,536dpi、デジタルモニター1,920×1,200の2画面表示と、最大解像度2,560×1,600dpiの4画面表示のグラフィックスカード2種類から選択可能です。


使用環境に応じて最大4画面表示にも対応。シンクライアントの強固なセキュリティと統制の効いた管理はそのまま、高度な処理能力を必要とする業務にも最適です。


2画面用 グラフィックスカード ATI FirePro 2270 PCI-EX1

4画面用 グラフィックスカード ATI FirePro 2460

ATI FirePro 2270 PCI-EX1
ATI FirePro 2270 PCI-EX1 は、ロープロファイルサイズ、512MB GDDR3メモリ、DMS-59 コネクタを 2つ搭載し、DVI-I 2系統出力が可能です。(DVI と VGA をサポート)
さらに、オプションの DMS-59 to DisplayPort 変換ケーブルにより、DIsplayPort 接続も可能です。 低消費電力に加え、高解像度デュアルディスプレイ表示を実現します。
ATI FirePro 2460
FirePro 2460 PCIは、ATI のスケーラブルな FirePro マルチビューワークステーションGraphics Processing Units (GPU)を搭載、512MB GDDR5グラフィックメモリ、クアッドディスプレイをサポートするMini DisplayPortコネクタを採用しています。
低消費電力に加え、高解像度クワッドディスプレイ表示を実現します。

優れた管理性能

独自のウィザードで初期設定の手間を軽減する「HP Easy Tools」を搭載。リモート環境でクライアントを一元管理する「HP Device Manager」をはじめ、FTPサーバを更新するだけで、ネットワーク接続時に自動的に各種の設定やアップデートを可能にする管理ツール「HP Automatic Update」も搭載。

USBメモリで各端末に設定情報やイメージを配布可能な「HP ThinState」など、充実した運用管理ツールで運用管理のコストと手間を大きく低減します。

■ 運用負荷を軽減するシンクライアント一元管理ツール HP Device Manager

従来の英語表示から日本語化によって使いやすくなったリモート管理ツールHP Device Managerはシンクライアントデバイスを管理するゲートウェイとすべての実行命令を管理するデバイスマネージャーサーバー機能から構成されます。

管理対象のシンクライアントが増えても、細かなフィルター機能でのタスク割り当てなど運用工数の削減に高い効果を発揮します。デバイスマネージャーサーバーの管理者はADと連携し、適切なユーザーに適切な権限を譲渡することが可能です。

端末の自動検出や電源の遠隔操作
「HP Device Manager」では、遠隔操作で電源のオン/オフを制御したり、社内ネットワークに接続するだけで設定情報を自動的に適用させることも可能です。




ヘルプデスクの負荷を軽減「VNCシャドウイング」
「VNCシャドウイング」は、管理者の端末にユーザー端末のデスクトップを表示させ、管理者側で直接操作できるようにする機能です。



■ 独自のウィザードで初期設定の手間を軽減する HP Easy Tools

イメージ画像:HP Device Manager

HP Easy Toolsは、ウィザード形式で端末の設定が直感的に行える管理ツール。
コントロールパネルの各項目で一つ一つ設定する必要があった各デバイスの設定、ネットワーク設定などを一括して行えるため、初期導入やメンテナンスの際の手数を大幅に削減し、運用サイドの負担を大幅に軽減することができます。
イメージ画像:HP Device Manager

Easy Toolsは、HPシンクライアントを導入する際に使用頻度の高いVMware view、Citrix XenDesktop、Citrix XenApp、Microsoft Terminal Serviceへの接続を簡単に設定することができます。また、HP ThinState機能によってUSBメモリを使ったバックアップとリカバリも可能。導入時の工数を削減し、効率的な展開を実現します。
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。