Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス  >  ワークステーション

HP Blade Workstation ソリューション
HP Remote Graphics ソフトウェア


Workstations

新着情報

お得なキャンペーン
製品導入事例
カタログ
マニュアル
コンテンツに進む
HP Blade Workstation ソリューション

関連リンク

トップ
Blade Workstationメリット
ISV認定情報
マニュアル

コンポーネント

HP Remote Graphics
ソフトウェア
システム管理ツール
構成/運用イメージ

ワークステーションブレード

HP ProLiant WS460c Gen8
HP ProLiant WS460c G6
ワークステーションブレード
オンラインストアでご購入

クライアント

クライアント一覧
導入事例
FAQ
ご購入にあたり

 HP Remote Graphics ソフトウェア(RGS)

HP Remote Graphicsワークステーションクラスで扱う3Dグラフィックスアプリケーションはデータ容量が大きく、従来のリモートアクセスソフトウェアでは転送の際のネットワーク負荷が大きい上、転送速度も遅く、3Dグラフィックスの使用環境として適していませんでした。
HP Remote Graphics ソフトウェア(RGS)はHPの開発した独自の圧縮技術「HP3テクノロジ」を採用、転送データを170:1の高い圧縮率で高速にエンコードします。平均5Mbpsのネットワーク帯域幅まで圧縮するため、バンド幅の狭いネットワークでも支障なくデータ転送が可能です。ワークステーションブレードでのレンダリングとクライアントのアップデートのタイムラグはほとんどなく、データ容量の大きい3Dグラフィックス動画や画像の回転なども、オリジナルとほぼ同等のイメージクオリティでストレスなく円滑に表示します。このHP3テクノロジは米航空宇宙局(NASA)の火星探査の画像転送にも利用されました。
ワークステーションブレード側のグラフィックスを利用するため、クライアント側でもワークステーション同様の高いイメージクオリティで表示できます。またクライアント側にデータが残らないため、情報が持ち出されることがなくセキュアな環境を維持します。
HP Remote Graphics の詳細はこちら

 HP Remote Graphics ソフトウェアの特長

Sender (送信側)のリモートシステムに実装されている
グラフィックス・ハードウェアをフル活用
実装されているグラフィックス・ハードウェアの高速化機能を活用することによって、インタラクティブな処理でのパフォーマンスを向上します。
“ビットマップイメージ”(ピクセル)ベースの転送 HP Remote Graphics ソフトウェアでは、ソースデータは転送されないので、データのセキュリティを維持すると同時に、大容量データセットへのリモートアクセスが可能です。
特許を取得した圧縮/復元テクノロジ(HP3テクノロジ) 業界トップのHPデジタルイメージングテクノロジは、高いパフォーマンスと高画質、2D/3D画像の高い圧縮率を誇ります。
その場での実行可能な圧縮調整 ユーザ自身での圧縮調整が可能なので、画質やパフォーマンスを最適化できます。
デスクトップセッション全体へのアクセス リモートデスクトップへのアクセス機能は、便利で使いやすい設計になっています。
業界標準TCP/IPネットワークベースの設計 業界標準のネットワークトランスポートを採用し、ネットワーク帯域幅の使用率を抑えることに成功しました。
ステートレスなクライアント 受信側にデータは格納されないので、ネットワークが中断されても送信セッションは影響を受けず、データが失われることはありません。
このページのトップへ

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡