Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品&サービス  >  ワークステーション

HP Workstation 導入事例紹介
Wii専用ゲーム 『ワンピース アンリミテッドアドベンチャー』


HPがお勧めするWindows。

Workstations

新着情報

お得なキャンペーン
製品導入事例
カタログ
マニュアル
コンテンツに進む
決定
任天堂Wiiのリモコンを活かしプレイヤーとの一体化を実現したゲーム「ワンピース アンリミテッドアドベンチャー」(株式会社バンダイナムコゲームスより発売)、そこで発揮されたHP Workstationの卓越したパフォーマンス
キャプション:c尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション c2007 NBGI
ガンバリオン

子供から大人まで多くのファンを持つ「ワンピース」がWii専用ゲーム「ワンピース アンリミテッドアドベンチャー」(以下OPUA)として4月26日に発売されました。

このOPUAの企画・開発を担当したのが福岡を拠点に多数のゲームタイトルの開発を手がける株式会社ガンバリオン(以下ガンバリオン)。様々なアイデアと工夫を盛り込むために、今回HP xw4400 Workstationを導入し、Wiiリモコンを生かしたゲームを作り上げました。

今回はWii用ゲーム「OPUA」の開発でHP Workstationがどのように活用されたかお話をお聞きしました。
 キャラクターの特性をゲームで再現する

キャプション:ガンバリオン 代表取締役 山倉千賀子氏ガンバリオンは1999年8月に設立されて以来多くの家庭用ゲームタイトルの企画・開発を手がけてきました。今までも「ONE PIECE グランドバトル!」シリーズを開発するなどキャラクターゲームについても豊富な経験を持ちます。キャラクターゲームについて、ガンバリオン 代表取締役 山倉千賀子氏はこう語ります。

「キャラクターゲームでは、それぞれのキャラクターが持っている個性があります。その個性をプレイヤーが違和感なく扱えるように作ることでプレイヤーが操作していて、気持ちいい!っていう感覚で操作できるような開発を行うことが大切です。今回のOPUAではWiiリモコンを使うことで、手を振るといったアクションを生かし、ストレスなく楽しめるようにしました。Wiiリモコンの特性を生かした部分はいくつかあるのですが、例えばゲームの中で釣りをするパートで、Wiiリモコンが釣竿になって、魚と格闘しながら釣り上げる感覚を再現しています。登場するそれぞれのキャラクターの動きもWiiリモコンとヌンチャクによって、今まで以上に魅力がアップしました。」

キャプション:c尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション c2007 NBGIガンバリオンでは、会社設立以来ゲームタイトルの開発を一貫して行い、進歩の早いこの業界で着実に地位を固めてきました。そのために、この業界の進歩に合わせて自らも変化し続けるというコンセプトをもっています。

「私はゲームが大好きですし、その大好きなゲームが進歩してより面白くなっていくことに期待をしています。確かに、進歩に合わせて素早く環境を変えていくのは大変なことですが、自らが変化し、進化していくことで、本当に永く愛されるゲームを作ることができると考えています。この永く愛されるゲームを作るために今はこの会社という組織が必要ですが、より愛されるゲーム開発のために会社組織を超えた新たな組織や形態が必要なのであれば、その形に変化することもあると思いますよ。」

 HP Workstationの採用で格段に高速化した開発スケジュール

xw4400「OPUA」の開発でHP Workstationの導入が決まったのは、制作の終盤、リリースに向けてスケジュール的に最も切迫したタイミングでした。この時の状況を総務部・機材担当の當房 浩一氏はこう語ります。

「ワークステーションの新規導入については社内からリクエストを受けていました。しかし、どのワークステーションを選択するかで非常に迷いました。比較検討のため各メーカのスペックや価格など色々情報を集めていた時に、HPではテスト用としてワークステーションの試験導入ができると聞いて申し込んだのです。期間は2週間ということだったのですが、返却期限が来たときには既に無くてはならない存在になっていました。2週間という期間ですでに成果がでていたのです。また、予想していたよりもパフォーマンスに対して価格が手ごろであったのも決め手の一つとなりました。」

HP Workstationが試験導入で、特に目を見張ったのが高速な処理スピードでした。
「ゲーム開発ではデータコンバート作業があります。 コンバート作業が始まると、後はマシンに任せっきりになってしまうので、その時間が短縮されすばらしい性能を発揮してくれました。コンバートするデータにもよって差もありますが、おおよそ今までの約3倍以上は速いと感じています。また、開発の段階で、ステージモデルや背景、キャラクターなどすべてのシーン要素を集めて動作テストを行う「リアルタイムデモンストレーション」という工程がありますが、この作業はマシンの性能に大きく依存しています。このリアルタイムデモンストレーション作業においても、HP Workstationを使うことでフレームレートを落とさずにプレビューできたことも大きなメリットとなり、最終的にはほとんどの確認をHP Workstationで行いました。」

 デザイナーの集中力を高める静音性

キャプション:CGデザイナー 岡田 陽宏氏今回導入されたHP Workstationはデザイン部門で使われることになりました。デザイナーの立場から高性能以外にも静かであるという点で高い評価がありました。デザインセクション:CGデザイナー 岡田 陽宏氏は高速な処理と静音性についてこう語りました。

「ゲームデザインはゲーム機の機能向上にあわせて、使用できるポリゴン数も増えてきています。そのため、キャラクターの精度もあがって自然な動きや表情をリアルタイムで行えるようになったため、作業量も増えてきています。


キャプション:Autodesk Maya私たちはCGモデリング制作ではAutodesk Maya、テクスチャや2Dの部分はAdobe Photoshop、Illustratorなどを使っていますが、HP Workstationはレンダリング処理を含めこれらすべてのアプリケーションが高速に動くのでストレスがなく作業ができます。あと驚いたのは静かなことです。今までマシンに電源を入れると、冷却のためのファンの音がしたので、それでマシンが動いていると気づいていたのですが、HP Workstationは静かなのでたまに電源ランプがついているのを確認して“動いている”と気づくことがあります。マシンの音が静かというのは、その分デザインに集中できるので制作上高いメリットがあると感じています。」

 福岡をゲームのハリウッドに GFF=GAME FACTORY’S FRIENDSHIP

福岡にはゲーム産業をより活発化させることを目的とした「GFF(GAME FACTORY’S FRIENDSHIP)」という団体があります。このGFFの目的は、20年余りで急激に拡大しそのテクノロジーが格段に進化し続けるゲーム産業において、専門性の高い人材の育成や、技術の研究開発を向上させ、福岡、そして九州を世界に名だたるゲーム産業の発信地とすることにあります。このGFFの発足メンバーでもあるガンバリオンはこの目的に向かって様々な活動を行っています。この活動について、山倉千賀子氏は将来像を含めこう語ってくれました。

「福岡にはゲームのヒットタイトルに携わる会社が多くあります。しかし、認知や浸透度がまだ高くない部分があるため、人材の確保が難しいケースがあります。そのため、ゲーム開発の仕組みを福岡の人たちにわかってもらうために、様々な取り組みを行っています。その一つが2月26日(月)から3月4日(日)まで福岡市・天神にて開催した 「GFF Game for Future 2007」〜ゲームものづくりの現場〜 です。このイベントでは、ゲームに携わりたいと思っていても、何をしていいか分からない、ゲームを作りたいけど、どうすればいいのか分からない、といった疑問に答えるために開催しました。1週間という期間ではすべてを伝えることはできなかったと思いますが、ここ福岡にはゲームに携われる環境が既に揃っている、というメッセージを伝えることができたと思います。GFFでは将来的には、福岡をゲームのハリウッドのように発展させたいと考えています。

ハリウッドでは、映画スターや制作に参加する夢を持った人たちがたくさん集まり、アルバイトをしながらオーディションを受けたり、学校で学んだりしています。ハリウッドのように、福岡にはゲームに対するチャンスとチャレンジがもっとたくさんある環境を作って行きたいと思っています。すでにGFF、九州大学、そして福岡市による「産」・「官」・「学」の3者による「福岡ゲーム産業振興機構」も設立されています。 これから日本だけでなく、世界中の多くの人に福岡におけるゲーム産業を大きくアピールしていきたいと思っています。」

福岡を世界に誇れるゲーム文化の発信地とすべく、みんなに永く愛されるゲームを作り続ける制作集団 “ガンバリオン”。日々進化するゲーム開発の現場でHP Workstationが活躍しています。

 

GFF ウェブサイトはこちら

本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり閲覧される時点で、変更されている可能性があります。予めご了承下さい。  
このページのトップへ

Windows 8 と Windows 8.1 の機能を最大限に利用するために、システムには、アップグレードされたハードウェアか個別に購入したハードウェア、ドライバ、および/またはソフトウェアのいずれか、またはその両方が必要になる場合があります。また、Windows 8 と Windows 8.1 の全バージョンで全ての機能を利用できるわけではありません。http://windows.microsoft.com/ja-JP/を参照してください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡