Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス  >  ワークステーション

HP Workstation 導入事例紹介


 

Workstations

新着情報

お得なキャンペーン
製品導入事例
カタログ
マニュアル
コンテンツに進む
ジョーダン・グランプリ
ジョーダングランプリ、勝利にむけて
ジョーダングランプリ、勝利にむけて ジョーダングランプリ、勝利にむけての画像

シルバーストーンの小さな貸ガレージで、エディ・ジョーダンが最初のレーシングチームを作ってからの道のりは長いものでした。フォーミュラ3とF3000での成功の10年に続いて、1991年、周囲の驚きをよそにF1カーを立ち上げて、レースの最初のシーズンとしては前例のないワールドチャンピオンシップで第5位につけました。その時からジョーダンは、シルバーストーンに総工費200万ポンドをつぎこんで建てた専用社屋に移転し、主要なスポンサーを確保した後、無限ホンダとエンジンの独占契約を結び、規模においても格においても成長し続けています。

強力で押しも押されもしないライバルたちの挑戦を受けて立ち、打ち負かすために、ジョーダンはラルフ・シューマッハとともに、かつてのF1世界チャンピオン、デイモン・ヒルの技術を採用し、最高の人材とテクノロジーに投資を続けています。「ジョーダンを勝利に導くためにできることはすべてやる、それだけです」とジョーダンのITマネージャー、 オーブリー・ミッチェルは語っています。
 パートナーシップ
F1画像 トータルソリューション
F1での最初の年に5位につけたジョーダン191は、HPのCADシステム上で設計されました。ジョーダンとHPの親密なパートナーシップへの幸先のよいスタートでした。

「たいていのF1チームにはITスポンサーとパートナーがついています」と、ジョーダンのスポンサー担当マネージャー、マーク・ギャラガー氏は言います。「HPとジョーダンで特別なのは、HPが正真正銘のトータルソリューションを提供してくれることです。これは決り文句などではありません。HPは、CAD、CAMのUNIXワークステーション、テレメトリーと管理などのためのすべてのPC、すべての接続、すべてのコンサルタント、すべてのIT管理とサポートを提供してくれる唯一の企業です。」

「HPはジョーダンに、サービスのAからZまで提供しています。これはキットの箱を手に入れることよりずっと重要なことなのです。これは、テクニカルなパートナーシップが陥りやすい点なのですが。HPは、スポンサーシップを超越しています。単にスポンサーであるばかりでなく、エンジンのサプライヤと同じくらいに大切なパートナーなのです。」

IT指向
ジョーダンの最も重要なテクニカルパートナーは、タイヤのグッドイヤー、エンジンの無限ホンダ、そしてITのHPの3社です。この3つの分野の中で、格段に進歩したのがITだとマーク氏は見ています。「エンジンや、ギヤボックス、タイヤやブレーキにはこれ以上は望めません。どれもすでに考え尽くされているし、発展途上ではないからです。」

「F1のIT分野はここ数年、すばらしい発達を遂げてきました。それはIT指向のスポーツになっています。つまり、ITなしでは今のように迅速かつ効果的にレーシングカーを設計することは不可能でしょうし、車載コンピュータがなければ車を走らせることすらできないでしょう。」

なぜHPか
HPとジョーダンは、提携契約を1995年12月に結びました。なぜHPが選ばれたのでしょうか?
「HPは高品質、高機能、高信頼性と評価されています」とオーブリー氏は言います。「これらの特性は、ビジネス上重要なアプリケーションを実行する場合に絶対不可欠です。CADやCAMシステムを有効に利用できないなら時間の無駄です。レースで勝てないかもしれないし、レースに参加することすらできないことさえあります。ですから、必要な場所に必要な時、必要な製品を用意すること、そしてそれらが頼りになることが重要なのです。HPの製品はそれらを私たちに与えてくれるのです。問題が起きたときには、彼らのサポートによって速やかに修正することができます。HPの“ハイアベイラビリティ”サービスは、文字通りいつでもどこでもサポートを受けられることを意味しています。」
 ハードウェア
ハードウェアの強化
「私達がHPと組んだその年、HPはハードウェアを増やしたりグレードアップするという、大胆な投資を行ってくれました。チームが130名にもなり、人員が倍に増えたからです」とマーク氏は言います。「私達はまだ成長し続けています。現在は160名となりましたが、HPは私達の要求を満たすためにたくさんのキットを送り込んでくれます。」

CAD とCAM
「私達の設計と作図部門には、HPの最新型UNIX CADワークステーションが設置されています。この高速マシンのおかげで、以前よりずっと速く設計開発が可能になりました。製造部門でもHPのUNIX CAMワークステーションを使用して、設計された図面をスピーディに実車として作り上げています」とオーブリー氏は語っています。

レース・トラック
「レース用のトラックには膨大なHP製品が搭載されてあり、トラック内でレーシングカーをモニターしてその情報を瞬時にシルバーストーンに送ることができます。たとえば、トラック側にあるHP製品からラップデータを受け取り、それをシルバーストーンのHPボックスに送って、テストシャシー上の車でシミュレートすることもできます。」

ジョーダンの技術部長ゲーリー・アンダーソン氏はこう語っています。「2時間の練習走行を行ってその後12時間悩むかわりに、金曜日の朝に仕事を始め、日曜のレースまで練習走行を続けることができるのです。」

ピットサイド
「ピットで使うキットはすべてHPです」とオーブリー氏は言います。「主にネットサーバ、Kayak PC、Omnibookノートですが、これらもテレメトリーや性能の計測、設計の検討に使用されます。」

風洞
もうひとつ、HPの独壇場となっている舞台が、ジョーダン所有の改装されたばかりの40%スケールの風洞です。「私達は風洞を動かすためばかりでなく、これを使用して得られたデータを解析するためにも最新型のHP製品を利用しています。」

日々変るビジネス
HPのPCは、地味ではあるが依然として重要な現場、つまりジョーダンのマーケティング、財務、株式管理や管理用ITの分野でも、ますます台数を増やしつつあります。ジョーダンでは、Microsoft Microsoft® Windows NTやさまざまなオフィスアプリケーション、経理アプリケーション、管理アプリケーションを使用しています。

最先端と耐久性
「HPはジョーダンに対して最先端製品でありながら、耐久性の高い製品を提供せねばならない点で、HPにとってはきわめて困難な仕事であると思います」マーク氏は言います。オーブリー氏が指摘するように、「ここではHP製品はトラックに積まれたり、飛行機で運ばれたり、非常に過酷な扱いを受けます。現場に着くなり電源が入れられ、ただちに起動しなければなりません。また、トラック担当のスタッフにとっては快適で使いやすい製品でなくてはならないのです。」
 サポート
トータルサポートの画像 トータルサポート
設計者の最高機能CADワークステーションからセクレタリーのPCまで、HPは、ジョーダンのIT環境のすべてをサポートします。この環境の大部分は、Microsoft Microsoft® Windows NTをベースにしています。現在Microsoft® Windows NTワークステーションとMicrosoft® Windows 95のクライアントは、Microsoft® Windows NTサーバ上で稼動しています。クライアントは、マーケティング、財務、倉庫管理など、ジョーダンの業務全体に広がっています。したがって、トータルソリューションの一端として、HPはMicrosoft Officeを含む広範なアプリケーションをサポートしています。

グローバル性
HPのサポートはフレキシブルなだけでなく、グローバルでもあります。「グローバルなサポートは、私達にとって非常に重要です」とマーク氏は言います。「私達は世界中4つの大陸で、12ものレースをこなすのです。だから、世界をカバーできるサービスとサポート組織を持ったメーカーを持つことは、たとえばメルボルンで問題が起こった場合、現地のHPのエンジニアをレース場に呼ぶなんてこともできるということです。」

迅速かつ柔軟
オーブリー氏は、「結構微妙な問題であっても、4時間内には対応してくれています。実際に、問題が起きてから1時間かそれより短い時間で解決してしまうこともあります。あまり緊急性がなければ、次の日の対応となります。同時に、電話での問い合わせでは、ほとんどの場合その場で解決できます。」

「HPが非常にフレキシブルであることは、この世界のようにテンポの速い業界では不可欠なことです。レースが終われば次のレースで競走上有利に立つためには、何事か変更が必要になってきますし、そうするとたとえばハードウェアを3つほどを増やす必要がでてくる場合があります。レースとレースの間は2週間しかありません。HPは極めて迅速に要求を満たしてしまうのです。HPは私達を最大限に助け、サポートするために非常に努力してくれています。」

オンサイト方式
「HPはほとんど4週間ごとに2週間にわたって、シルバーストーンに最上級エンジニアを送り込んでくれます。だから、どんな問題が起こっても非常にすばやく解決できるのです。」
 マネジメント
アドホックから...
他の多くの会社がそうであるように、ジョーダンでのITの活用ははじめのうちはアドホックな方法(その場その場の解決方法)で発展してきました。マーク氏は次のように説明します。「ジョーダンは、個人のコンピュータユーザが集まったグループ同然でした。ITの面では、真の意味での管理や戦略といったものは何もなかったのです」。これが変ったのは、HPとのパートナー関係が生まれてからのことでした。「HPは私達の発展のためには、ITマネージメントの観点からの広範な結びつきが必要であることを会社として意識する必要があると私達に教えてくれたのです。」

最近ITマネージャに就任したオーブリー氏は、ジョーダンが最先端のITを持つことだけではなく、ITを可能な限り効率良く管理することの重要性を認識していることの証人と言えます。

戦略へ...
「私達は、ジョーダンのこれからの方向性と、そこに到達するためにどんなITが必要かという点について、戦略的な検討を始めました。HPはこれについても、ハードウェアだけでなくコンサルタント、助言、サポートの点からも非常に緊密に関わってくれています。」

より速くより良いコミュニケーション
「結果としてジョーダンは、統一されたハードウェアプラットフォームとネットワークインフラを持つことになりました。それによってユーザは、モバイルサイトであろうといずれの基地サイトであろうと、情報をより速くお互いに届けることができるようになるのです。極めてわずかなコストで、あるいはほとんどコストを増やす必要がなく、多くの利益を手にすることができるのです。」

最大限の運用時間
「私達はシステムの休止時間を最小に、運用時間を最大にする方向で何事もすすめるようにしています。実際、運用時間99.999%を目標にがんばっています。」

テクノロジーレースに勝利
「F1でのITの重要性をないがしろにはできません」とマーク氏は言います。「ウチの会社のあらゆるレベルと現場で、ITは基盤となる役割を担っています。F1とは、レーシングカーが互いに競争するだけのことと思われがちですが、実はそれはテクノロジーのレースでもあるのです。」

「HPは、PCとUNIXのワークステーション、そして全世界をカバーするサポートにおいて、トータルなソリューションを提供できる唯一のメーカーです。そのことが私達が彼らと共にやってきた理由であり、また大きな前進の源となったのです。」
Microsoft® とMicrosoft® Windows は、米国Microsoft® Corporationの登録商標です。Office® とMicrosoft® Windows NT® は、米国Microsoft® Corporationの商標です。
本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり閲覧される時点で、変更されている可能性があります。予めご了承下さい。  

Windows 8 と Windows 8.1 の機能を最大限に利用するために、システムには、アップグレードされたハードウェアか個別に購入したハードウェア、ドライバ、および/またはソフトウェアのいずれか、またはその両方が必要になる場合があります。また、Windows 8 と Windows 8.1 の全バージョンで全ての機能を利用できるわけではありません。http://windows.microsoft.com/ja-JP/を参照してください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡