Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品&サービス  >  ワークステーション

HP Workstation 導入事例紹介
加賀ソルネット株式会社


 

Workstations

新着情報

お得なキャンペーン
製品導入事例
カタログ
マニュアル
コンテンツに進む
ATI プロフェッショナル・グラフィックス
PDF PDF(494KB)はこちら

 ATI FirePro™ 7750がリアルタイムレンダリングに抜群の性能を与える

岩田光生氏

映像機器営業部 視覚化事業プロジェクト
制作グループ リーダー 岩田光生氏

1995年、加賀電子株式会社の全額出資により、コンピュータネットワークシステムの販売を目的に設立された加賀ソルネット株式会社様は、自動車の内装柄をリアルタイムで変更し、ビューを変更するためのリアルタイムのレンダリング製品で有名な、AMD(ATI)と長年コラボしているLumiscaphe社のリアルタイムレンダリング製品を日本で販売している代理店である。

ATI FirePro™のハイエンド・モデルにより、実現する性能が業務に与えるインパクトについて、映像機器営業部視覚化事業プロジェクト岩田光生様に語って頂いた。

チャレンジ

2009 製造

Patchwork 3Dは、巨大3Dモデルもリアルタイムで
スムースに取り扱い可能

加賀ソルネット株式会社における映像機器営業部視覚化事業プロジェクトは、ビジュアライゼーションに関する製品の販売、ソリューションの提供、そしてコンテンツの制作のすべてを、セキュリティを含めた運用業務と共に提供するグループである。

「我々は早くからGPUレンダリングに注視しており、その嚆矢とも言えるLumiscaphe社のPatchwork 3Dの扱いを通じて、常に速いGPUを探し続けています。今回システムに取り入れたATI FirePro™ V7750は、ここ数年の中でも抜群の性能を示し、以前使用していたATI FireGL™ V8650に比べてボード自体の小型化と消費電力が1/3で済むようになった事で、搭載可能なシステムの選択肢が大幅に増え、業界に大きなインパクトを与えています」と岩田氏。


フランスはワインの産地として有名なボルドーで生まれたLumiscaphe社のPatchwork 3Dは、自動車や家具の設計で広く使われており、製品の背景に設定された光源から出される複雑な光を製品に反映し、同時に外装や内装の柄を変更しながらリアルタイムでレンダリングをかける膨大な計算をスムースに提供する優れたソリューションである。特に内装の質感表現には定評があり、世界中で高い人気と評価を得ている。

FirePro V7750は、Patchwork 3Dの重要な機能であるシャドウマップやライトマップに大きな能力を発揮し、以前のボードなら500万ポリゴンが限界だったリアルタイムのマッピングが1000万近くにまで拡大されており、巨大なイメージもリアルタイムでスムースにデザイン可能になった。

 ATI FirePro™ V7750 は、製作現場における救世主。

ソリューション

「DCCの現場はまだまだ発展途上で、これで良いと言い切れるスタイルというものが存在しません」と岩田氏。「デザイナーやクリエイターとして雇い入れた方も、3Dの現場においてあまりにディテールに踏み込んだ仕事をしてくと、いつの間にか3Dの技術的オペレーターに変身してしまっているケースも見られます。経営的に職制のあり方の取り決めをあまりに現場に近いところで行わなければならない為、そういったスタッフに本来の仕事をしてもらう、能力を十分引き出すという環境づくりは一筋縄ではいきません」

「Patchwork 3Dは極論で言うと〝誰でも使える〟ソフトであるため、前述の問題が起こりにくい。よって自動車の内装という人間が直接見て触って使う部分についての質感の表現という非常に微妙で難しい仕事も直感で処理出来、ここで非常に高い評価を頂いています」と岩田氏。

「そこで欠かせないのが速いグラフィックス・アクセラレーターです。次々と浮かぶアイデアを実際にシミュレートし、非常に高いレベルで吟味していくプロセスの実現にはとにかく高いパフォーマンスのシステムが必要で、今日では何よりもグラフィックス・アクセラレーターの性能が大切になります。システムの命と言って良いでしょう。

HP xw4600

ATI FirePro V7750を搭載したHP xw4600で、
複雑なライトマップ処理もスムースにデザイン可能となった

短い期間で製造段階へ

CADによる設計はスタイリングCADによる3D形状デザインと形状の修正を重ねて製造データへと仕上げていく。
CADの間 で繰り返されるデータのやりとりの中で、それぞれのフィードバックが有効に次の段階へと活かされ、延いては設計期間の短縮へと結びつける為には、設計者にとっての操作性は一番大切な要素である。

直感、ひらめき、データの積み重ね、あらゆる事をすぐその場で試しシミュレート出来るリアルタイム性を大容量で実現出来るATI FirePro™ V7750は、制作現場における救世主。AMDには次々と新しいバージョンの救世主を生み続けて欲しいと岩田氏は締めくくった。

ATI FirePro V7750 について

320の統合ストリーム・プロセッサー(シェーダー・ユニット)を持つ新世代GPUを搭載し、超並列処理アーキテクチャーが、最も必要とされる場所にグラフィックス処理能力を自動的に割り当てることで、スループットを最大化します。
演算リソースをインテリジェントに管理することでGPUの利用を増加させ、複雑な大規模モデルやシーンのリアルタイム・レンダリングを実現し動画制作時のインタラクティブ性を高めます。

特長
1PCI Express® 2.0
1GB GDDR3メモリ搭載
320基のユニファイド・シェーダを持つスケーラブルな超並列処理
アーキテクチャ
Avivoテクノロジー
オートディテクト・テクノロジー
DirectX®10.1、OpenGL® 2.1拡張機能のハードウェアアクセラレーション
シェーダモデル4.1(SM4.1)サポート
CAD、DCCアプリケーションへの最適化と認証
2系統DisplayPort出力
1系統Dual link DVI出力
128ビット浮動小数点精度
16ビット/RGBカラーコンポーネントまでのハイ・ダイナミック・レンジ(HDR)出力
アナログVGAサポート
※アナログVGA出力は、製品付属のDVI-to VGAアダプターを使用します。
ATI FirePro V7750
加賀ソルネット株式会社
創立: 1995年
事業内容: コンピュータ・OA機器の販売およびコンピュータネットワークシステムの
開発・導入・保守・販売ならびに関連事業
所在地: 〒101-0021
東京都千代田区外神田3-12-8 住友不動産秋葉原ビル10F
本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり閲覧される時点で、変更されている可能性があります。予めご了承下さい。


Windows 8 と Windows 8.1 の機能を最大限に利用するために、システムには、アップグレードされたハードウェアか個別に購入したハードウェア、ドライバ、および/またはソフトウェアのいずれか、またはその両方が必要になる場合があります。また、Windows 8 と Windows 8.1 の全バージョンで全ての機能を利用できるわけではありません。http://windows.microsoft.com/ja-JP/を参照してください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡