Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス  >  ワークステーション

HP Workstation 導入事例紹介
Autodesk 3ds Max on xw6200


 

Workstations

新着情報

お得なキャンペーン
製品導入事例
カタログ
マニュアル
コンテンツに進む

建設業IT化成功事例集

中嶋設計事務所ワークステーション選びはマシンパワーと安定性がカギ。
強力マシンで創る最先端CG「フォトビューティ」の世界
PDF (282KB)
 より強力なマシンパワーが必要な「フォトビューティ」のCG世界
中嶋設計事務所 中嶋朋広氏は、建築分野においてよく知られているCGクリエイターである。ハイエンドCG「3ds Max」(オートデスク)を駆使して生みだす、その作品の品質の高さには定評があり、各種の建築CGを多数手がけてCGコンテストなどにもたびたび入賞している。「CAD&CGマガジン」の読者には、2006年2月号で好評のうちに連載を終えた「VIZ &3ds Max magic」の筆者としてもおなじみの「達人」だろう。近年、建築分野においても3DCGの活用範囲が大きく広がっているが、中嶋氏の場合は、大手ハウスメーカーのカタログなど、特に高度なクオリティが求められる分野での高品位なCG制作が業務の中心となっている。
「建築CGの活用フィールドが大きく広がり、中国などアジアを含めた海外でもクリエイターが増えてきたこともあって、CG制作の世界も競争が激しくなっています。結果として、納期短縮とコストダウンの流れがどんどん強まっています。そのため、私のようにCG中心でビジネスを展開していくには、ほかとの差別化のためにもより付加価値の高いCGを作る必要があります。――私の場合、それがフォトリアルを超えたフォトビューティの世界の追求なのです」。フォトリアルといえば写真並のリアリティを持つCGのことだが、フォトビューティとはさらに独特のアングルやライティング、カラーなど、一流カメラマンの色/個性を持った、より高度なリアリティの創造を目指すCGを指している。広告業界などで最近使われ始めた新語である。「CG製作もこのレベルになってくると、CGツールやクリエイターの腕ばかりでなく、コンピュータ自体のパワーが重要なポイントになります。例えば作り込んだフォトビューティなCGのレンダリングなど、それこそワークステーションを何台も並べてフル稼働するくらいのCPUパワーが必要になります。まさにCPUの速さイコール納期の早さ、マンパワーよりまずマシンパワーなんですね。もちろん大容量のデータを扱うのですから、マシン自体の安定性も欠かせませんし……。そうなると現実にはマシンの選択肢はさほど多くありません。おのずとワークステーション、それもHP製品ということになるのです」。
 過酷な環境でも常に安心して使えるxwシリーズのパワーと信頼性
中嶋設計事務所 現在、中嶋氏の制作環境は「HP xw8200」と「HP xw6200」の2台のHPワークステーションが主力となっている。xw8200の導入は2004年10月。仕事の都合でマシンパワー強化が必要となり、急遽これを購入したのだ。同じ頃、メインツールの3ds Maxにメンタルレイなどの新レンダラーが続々と登場し、これらを活用するためいっそうパワーが必要になったのも、決断を後押ししたという。このように急な必要で導入する場合、使い慣れたものと同メーカー品を導入するのが一般的だろう。だが、中嶋氏はそれまで別のメーカーのマシンを使っていたのだ。氏があえてHP製品に乗り換えたのはなぜだったのか。
「過酷な環境で、それも相当ハードに使い込むせいか、以前のマシンは故障が非常に多くて……。大容量のデータを扱うわれわれにとって、こうした不安定さは致命的なのです。そこでこの機会にと、HPのxw8200に乗り換えました。HPマシンの評判が良いのは知っていましたし、納品が非常にスピーディなのも選定ポイントでした。急な仕事で必要になったマシンだったので、これがもし何週間もかかっていたら間に合いません。その点、HPは東京で製品されているため、とても早かったのです」。こうして中嶋氏の事務所に導入されたxw8200は、氏の期待に応えて過酷な環境下での厳しい運用にも堪え、つねにずば抜けた安定性を発揮したのである。
「実際、HP製品に替えてからトラブルは一度もありません。だから定評あるHPの電話サポートも全く利用する機会がないんですよ。私にとってこの安定性の高さは何より嬉しいこと。業務で使うマシンはこうでなければ」。

MADE IN TOKYOの安心感

「xw6200」など「xwシリーズ」は、日本・東京で生産を行っている「MADEIN TOKYO」の製品だ。もちろんワークステーション専用の修理窓口も日本国内にある。中国などの海外で組み立てていることが多い他社製品に比べて、最速5 営業日と納期がスピーディーなのはもちろん、いざという時の対応にも大きな安心感がある。
 コンパクトで静かで、強力エントリーマシンに最適なxw6200
すっかりxwシリーズに惚れ込んだ中嶋氏は、1年後再び大きな仕事を受注して、同じくHPの「xw6200」を導入した。このワークステーションはxwシリーズに共通するパワーと安定性に加えて、デュアルプロセッサ対応シャーシとしては業界最小のコンパクトな筐体を持ち、HP独自の静音ファンテクノロジーによってずば抜けた静音性を実現しているのが大きな特徴である。

図書館の静けさを実現した革新的技術

独自の静音ファンテクノロジーにより、低回転域でのノイズを低減した高度な速度コントロールを実現。図書館(約30db)から、ささやき声(約20db)というずば抜けた静けさを生み出している。また振動遮断テクノロジーにより、ハードディスクの振動を専用の取付け金具で吸収し、ボックスとの共振も防いでいる。
「私のように長時間部屋に閉じこもって作業するクリエイターにとって、騒音対策は重要なポイント。実際、マシンを複数稼働させ続けていると、あまりの騒音に体調を崩すことさえあるのです。その点xw6200はあまりにも静かなので、当初はファンが壊れたかと勘違いしたほどでした」。小規模事務所が初めてワークステーションを導入する場合のエントリーマシンに最適な製品であり、ヘビーユーザーにはセカンドマシンとしても導入しやすい、と中嶋氏は太鼓判を押す。
「今後は確実にデュアルCPUやデュアルコアの時代が訪れますし、われわれが扱うデータサイズもさらに大きくなっていくでしょう。そうなるとやはり、いざというときのフォロー体制も含め自作機では不安が多い。コスト面もほとんど差がなくなってきましたし、業務で使うなら信頼できるメーカー製品を選ぶべきでしょう。中でもHPのワークステーションは安定性が高く、筐体などの作りもしっかりしていて安心感が違います。業務で使うなら選ぶべきはHPのxwシリーズ。――これが私の結論です」。

コンパクトで扱いやすく頑強な筐体

がっちりして頑強な作りが特徴のxwシリーズの筐体だが、xw6200はデュアルプロセッサ対応のシャーシとしては業界最小サイズを実現し、しかも5つのI/Oスロットを備えるなど、コンパクトさと拡張性の高さを両立している。またサイドカバーやフロントベゼルの開閉は容易で、システム拡張そのほかのメンテナンスもしやすい。サイドカバーを開けてみれば、その無理も無駄もない機能性に徹したレイアウトを、容易に確認することができる。本体サイズ165×440×441mm(W×D×H)
User of this PRODUCTS   「小規模の設計事務所なら、出力をこれ一台でまかなうことも十分可能でしょう」。 中嶋設計事務所
法人名: 中嶋設計事務所
設 立 : 1977年
代表者: 中嶋朋広
所在地: 兵庫県西宮市
 
本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり閲覧される時点で、変更されている可能性があります。予めご了承下さい。  
このページのトップへ

Windows 8 と Windows 8.1 の機能を最大限に利用するために、システムには、アップグレードされたハードウェアか個別に購入したハードウェア、ドライバ、および/またはソフトウェアのいずれか、またはその両方が必要になる場合があります。また、Windows 8 と Windows 8.1 の全バージョンで全ての機能を利用できるわけではありません。http://windows.microsoft.com/ja-JP/を参照してください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡