Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス   >  ITサービス

コース詳細

HP教育サービス

教育サービスについて

HP Virtual Rooms

概要
お申込

キャンペーン情報

キャンペーン一覧

新コース情報

新コース一覧

定期コース

全コース一覧
製品別コースフロー
コーススケジュール
取得可能資格一覧
カタログデータシート
コースお申込
受講規定
お取引条件書
(教育サービス)

おトクな受講権

HP Care Pack Education

一社向け研修

一社向け研修サービス
VMware、Bladeの
オンサイト研修
HP-UX、Storageの
オンサイト研修

eラーニングソリューション

e-ラーニング・サービス

会場案内

What's hotバックナンバー

よくあるご質問(FAQ)

認定試験

HP認定プロフェッショナル・プログラム【ExpertONE】

パートナー関連サイト

イベント・セミナー情報

HP education world wide

教育サービスサイトマップ

日本HPサイトマップ

HP教育サービス ガイド発行しました
コンテンツに進む
コースコード コース名
YS60938
Oracle Database 11g R2: 新機能
日数   受講料
5日間( 9:30 〜 17:30 ) ¥357,000(税抜)
カテゴリ名  
ORACLE認定研修コース
スケジュール
スケジュール表はこちらから
≫ コースお申込フォームへ
概要
この5日間の研修コースでは、Oracle Database 11g Release 1およびRelease 2における変更管理の機能とその他の主な拡張機能について学習し、演習を行います。トピックとして、変更管理、問題の診断とリカバリ、高可用性の確保、スケーラビリティおよびパフォーマンスの向上、セキュリティの強化、さらにデータベース管理者に関連するその他の領域を取り上げ、新機能の利点と使用方法について詳しく説明します。また、実践的な演習によって、新機能をより深く理解することができます。
前提条件
Oracle Database 10gの操作に関する知識
対象者
 
コース内容
  • Oracle Database 11g Release 2のインストール
  • Oracle Grid Infrastructureのインストール
  • 自動SQLチューニングの設定と管理
  • 自動ストレージ管理(ASM)の拡張機能の使用
  • データ・ポンプ・レガシー・モードの使用
  • データ・リカバリ・アドバイザの使用
  • データベース・リプレイを使用したワークロードの記録およびリプレイ
  • Enterprise Managerを使用したSQLコマンドの監視
  • Oracle Restartを使用したコンポーネントの管理
  • Resource Managerの拡張機能の使用
  • SQL計画管理の使用とSQL計画ベースライン
  • Total Recallによる履歴データの作成、保護および使用
  • SQLパフォーマンス・アナライザの使用
  • Recovery Managerの新機能と拡張機能の使用
  • DWHとパーティション機能の実装

※  オラクル認定コースにお申し込みいただいた方・申込責任者の方の個人情報は、第三者である日本オラクル株式会社と共有させていただきます。あらかじめご了承ください。
※  本コースは株式会社 システム・テクノロジー・アイ主催コースです。

●ご注意
※  本コースはeKit対応コースとなります。
お申し込みの際には必ずE-mailアドレスをご記入ください。
eKitに関する詳細は 日本オラクル社ホームページ日本HP外のウェブサイトへ をご参照ください。

【eKitのダウンロードについて】
オラクル社より、ご受講者様宛に『eKitダウンロード情報』がメールにて届きましたら案内に従い、ダウンロードをお願いいたします。
※  ご受講希望コースの開催が確定しましたら、ご受講者様の情報(ご氏名、eメールアドレス)を、事前にオラクル社へご報告させていただきます。
※  ダウンロード時に、Oracle.com(オラクル社HP)のアカウント登録が必要となります。
※  ご受講の際は、弊社会場用のeKitをご利用いただきます。
ダウンロードしたテキストデータはお持ちいただく必要はございません。

このページのトップへ

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡