Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス   >  ITサービス

コース詳細

HP教育サービス

教育サービスについて

HP Virtual Rooms

概要
お申込

キャンペーン情報

キャンペーン一覧

新コース情報

新コース一覧

定期コース

全コース一覧
製品別コースフロー
コーススケジュール
取得可能資格一覧
カタログデータシート
コースお申込
受講規定
お取引条件書
(教育サービス)

おトクな受講権

HP Care Pack Education

一社向け研修

一社向け研修サービス
VMware、Bladeの
オンサイト研修
HP-UX、Storageの
オンサイト研修

eラーニングソリューション

e-ラーニング・サービス

会場案内

What's hotバックナンバー

よくあるご質問(FAQ)

認定試験

HP認定プロフェッショナル・プログラム【ExpertONE】

パートナー関連サイト

イベント・セミナー情報

HP education world wide

教育サービスサイトマップ

日本HPサイトマップ

HP教育サービス ガイド発行しました
コンテンツに進む
コースコード コース名
YS61110 Deploying HP Servers with RDP 3.80 Foundation Edition
日数   受講料
3日間( 10:00 〜 17:00 ) ¥151,200  (税抜¥144,000)
カテゴリ名
Blade/ProLiant研修コース
スケジュール
本コースの定期開催は終了しました。一社教育としてお受けします。一社教育の場合は受講料は別途お見積りとなります。
お問合せはdl1.cec@hp.comまで。
概要
HP ProLiant Essentials Rapid Deployment Pack(RDP)は、スクリプティング、またはイメージング テクノロジを使用して、GUIベースまたはWebベースのコンソールを介して、大量のサーバの設置、構成、および配備を実行するサーバ デプロイメント ソリューションです。
この3日間のテクニカルトレーニングは、RDP 3.80 の概要を学習します。HP ProLiant サーバでの作業を自動化するソフトウェア ソリューションをインストールし、構成し、利用するために必要なノウハウを身につけることを目的としています。実習では、Windows Server、Red Hat Enterprise Linux、 および VMware ESX Server のデプロイメントを実施します。

このコースを修了すると次のことが出来るようになります。
  • RDP 3.80 を使用したオペレーティング システム(または、アプリケーションなど)をインストールする方法を理解し、説明する。
前提条件
このトレーニングは、エキスパートエンジニア向けの高度な内容を含んでいますので前提条件を満たすことを強く推奨します。
以下に挙げるいずれかの資格の取得、または相当する知識および経験が必要です。
•  MCSE 2000/2003 トラック
•  AIS - HP ProLiant (ML/DL) Servers の資格(新旧含む)、
または Master ASE - HP ProLiant (ML/DL) Servers の資格(新旧含む)
•  MCSA 取得およびActive Directoryの基礎的な知識
Linux や UNIX の知識や経験は重要ではありません。
Windows の知識や経験が少ない場合、上記の条件を満たす必要があります。
対象者
RDP 3.80 を使用するシステム管理者、ユーザ及びエンジニア
コース内容
  • RDP 3.80 の概要
  • エンタープライズ環境での RDP 3.80 のプランニング
  • PXE テクノロジ
  • RDP 3.80 のインストールと構成
  • Deployment Server Console の使用
  • スクリプト式インストールおよびイメージングジョブ
  • Deployment Web Console の使用
  • RDP のエージェント
  • デプロイメントの高度なテクニック
  • RDP 3.80 のサポート

このページのトップへ

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡