Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品とサービス  >  ITサービス

データ移行支援サービス

ストレージ ソリューション&サービス

ソリューション
事業継続・災害対策
ストレージ・コンソリデーション&マイグレーション
メインフレーム接続
インフォメーション・マネジメント
サービス
設計・構築
ミッションクリティカルサポート
ハードウェア&ソフトウェアサポート
HP Care Pack
HP StorageWorks
ホワイト・ペーパー
導入事例
システム構成図
製品マニュアル
ストレージ・サーバ接続情報
カタログ
ストレージ検証センター
購入方法
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む

データベースシステム移行の必要性と阻害要因

昨今、サーバやストレージなどハードウェアの保守切れ、およびデータベースや周辺ソフトウェアの保守切れ、またデータセンターの移設などにより、システムやデータの移行に迫られる企業が増えています。
しかし、移行にあたって、「システムを止められない」、「データ量が大きい」、「既存のデータベースや周辺ソフトウェアの対策が必要」といった課題を抱える企業も多く、移行計画が進んでいないのも実状です。


データ移行の進め方とHPの支援サービス

HPではこうした課題を解決するため、事前のアセスメントサービスからコンサルティング、可用性設計およびデータ移行の実行までをサポートするサービスを提供しています。 これにより、パフォーマンス改善に向けた「RESQ DB」でのクイック診断の結果から、具体的な課題解決に向けたシステムアーキテクチャーへの移行を短期間で計画し、包括的なインフラストラクチャーの構築が可能となります。



移行アセスメント

データベース移行に際して、現状のデータベースサーバーのシステム構成情報、データベースのリソース情報と業務量
(トランザクション数・ページビュー数)などの現状調査を行い、移行先システムの構成案、改良ポイント、移行方式案のご提示を致します。

移行計画支援
コンサルティング

データ移行アセスメントの結果より、切替許容時間などの移行要件を整理し、最適と考えられる移行方針を確定、データ移行計画立案をご支援します。実績のある手法で計画を進めることにより、短期間で確実なデータ移行が実現します。

高可用性設計、
データ移行支援サービス

移行先データベースサーバーの高可用性要件に基づくインフラ基本設計と詳細設計、構築と並行して、データ移行計画の実行とリハーサル、移行作業を実施します。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡