Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

ソリューション  >  大企業向け >  インダストリ

金融ソリューション

PLATFORM JAPAN GRID SUMMIT 2007 レポート

金融ソリューション

HPの取り組み
アライアンスパートナー
レポート from HP
HPのソリューション
ニュース一覧
お客様事例
カタログライブラリ
イベント・セミナー情報
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
PLATFORM JAPAN GRID SUMMIT 2007
2007年2月28日に東京・新宿・センチュリーハイアット東京にて開催されたPLATFORM JAPAN GRID SUMMIT 2007に、HPはGold Sponsorとして参加しました。

キーノート講演ではCitigroup キャピタルマーケット&バンキングテクノロジー シニア バイスプレジデント ジョン・ヴァン・ウーデン氏からCitigroupにおけるグリッドコンピューティングの展開についてのプレゼンテーションが行われ、金融業界における最先端のグリッドコンピューティングの活用が提示されました。

HPからはワールドワイド 金融グリッド戦略ディレクターのラリー・ライアンよりHPの金融向けグリッドの取り組みについてのプレゼンテーションを行い、HPでは全社的な取り組みとして金融分野でのグリッドコンピューティングを推進していることを説明しました。先進的な金融機関で幅広く採用されているHPのグリッドコンピューティング技術は、アセットクラス共通で利用できるCPUプール型のグリッドコンピューティングの実施や、アメリカ・ヨーロッパと大陸を横断したシステム構築などをサポートしています。また日本ではグリッド環境へのアプリケーションの移行検証が可能な、「HP金融グリッドセンター」を設置しており、日本のISVや金融機関で作成されたアプリケーションのグリッド化推進へ向けて、このファシリティの活用を提言しました。

展示ブース

HPはブース展示では、金融業界におけるプラットフォームコンピューティング社製品を活用してのシステム構築、HPのグリッド戦略とそれを支える製品群、そしてXCクラスタの説明を実施しました。HPではPlatform SymphonyとLSFを金融機関のお客様に提供しています。今回は実機デモを見ていただくことはできませんでしたが、過去の検証結果を説明資料として提供し、今までは難しかった大量のシミュレーションをグリッド化によって容易に実行できることを示しました。

グリッド化の課題と解決策

製造分野では、クラスタ環境に複数のジョブをバッチで渡して、分散化させることが数年前より幅広く行われています。HPはXCクラスタという形で、分散コンピューティングに必要な環境をパッケージとして提供しています。ハードウェアと、Linux OS、リソース管理や、システム監視のソフトウェアとともに、Platform LSFを分散実行スケジューラとして組み込み出荷しています。金融分野ではまだ利用実績は少ないですが、今後日本でも、1000ノード以上のグリッド環境を構築する場合には、パッケージ化された検証済のグリッド実行環境が非常に重要になってくると思われます。

グリッド化を考えているお客様にとって、どのようにして大規模なデータを分散させて持っておくかが重要な課題となっています。この10年ほどをみても、メモリ・ディスク容量とCPU速度は、ほぼ1.5年で2倍というオーダーで進化していますが、ネットワーク(IO)の帯域はそれほどの変化はないため、グリッド環境ではデータの転送がボトルネックとなる場合が多く見受けられます。HPではこれらの解決策として、分散・クラスタ対応のファイルシステムをEFS、SFSといった製品としてハードウェアを含んだパッケージ化を実施、グリッド環境にあったデータの保持手段の一つとして提供しています。

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡