Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ
日本HPホーム
ソリューション >  大企業向け >  ITソリューション

ITコンソリデーション

製品・サービス

ITコンソリデーション

概要
課題
解決策
Why HP?
シナリオ
製品・サービス
Consolidation TV
導入事例
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
事業継続・災害対策セルフアセスメントツール
中堅・中小規模システム向けの安価なデータ保護ソリューション
HP Converged Infrastructure
HPソリューションに関するお問い合わせはこちらから
コンテンツに進む

≫ 概要

≫ シナリオ

製品・サービス

≫ Consolidation TV

サーバ・コンソリデーション


サーバにおける課題

個別最適と垂直統合によって複雑化したシステムにおけるサーバには、解決すべきさまざまな課題があります。例えば、サーバ数の増加に伴う運用管理の手間とコストの増加や、いっそう困難になってきた災害/セキュリティ対策などです。また、プラットフォームや運用もバラバラで、非効率かつ高コスト化しているのも大きな問題。さらに、システムの老朽化やリース切れに伴うシステム改変においても多大な時間と手間が必要です。こうした課題をクリアするのがサーバ・コンソリデーションです。

コンソリデーションの効果とメリット

サーバ・コンソリデーションにおける一番の変化はサーバ台数の削減です。これにより、運用管理工数やソフトウェア・ライセンスなどが削減でき、その分の予算を戦略的な投資へと割り当てることができます。また、セキュリティや災害対策の強化にもつながります。さらに、IT環境の最適化により、サービスレベルやアジリティの向上を実現。ビジネスの要求に応じた適応性/即応性を持つシステムを構築できます。
統合を実現する2つの方法
グループ別 にサーバ・コンソリデーションの方法を検討する
HP Integrityサーバで実現するITコンソリデーション
HP BladeSystemで実現するITコンソリデーション

ストレージ・コンソリデーション

ストレージにおける課題とその解決

複雑化した現在のITにおけるストレージ環境には、多くの問題があります。例えばサイロ型の各システムにストレージを個別に用意しなければならず、コストや保守費が増大しています。また、ストレージの利用効率が悪化するのに加え、使用頻度の低いシステムにオーバースペックで高価なストレージが使われているという問題もあります。これらの問題をクリアするひとつの方法。それがストレージ・コンソリデーションです。

ストレージ・コンソリデーションによって、その利用効率は向上し、TCOの削減にもつながります。また、サーバ管理とストレージ管理を分離して、管理を一元化。運用プロセスの標準化も実現し、運用負荷を軽減することができます。さらに、新規事業立ち上げ時の期間短縮や内部統制への対応を容易化することができます。
ILMとストレージ・コンソリデーションのステップ
仮想化がポイントとなるストレージ・コンソリデーション
バックアップにおける課題とその解決

HP ITコンソリデーション コンサルティングサービス

ITコンソリデーションを効果的に進めるためにHPでは、現状把握・基本方針策定・ハイレベルデザイン(統合実施後の姿)・期待効果の試算・移行計画の策定 といった各フェーズをサポートする6つのサービスを提供しています。
HP ITコンソリデーション コンサルティングサービス
ITコンソリデーション ビジョニングワークショップサービス
ITインフラ環境棚卸しサービス
ITインフラ環境分析サービス
ITインフラ運用評価サービス
ITコンソリデーション サイジングサービス
ITコンソリデーション 基本構想策定支援サービス
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡