Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ
日本HPホーム
ソリューション >  大企業向け >  ITソリューション

ITコンソリデーション

製品・サービス:サーバ・コンソリデーション

ITコンソリデーション

概要
課題
解決策
Why HP?
シナリオ
製品・サービス
Consolidation TV
導入事例
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
事業継続・災害対策セルフアセスメントツール
中堅・中小規模システム向けの安価なデータ保護ソリューション
HP Converged Infrastructure
HPソリューションに関するお問い合わせはこちらから
コンテンツに進む

グループ別 にサーバ・コンソリデーションの方法を検討する

ITコンソリデーションを実現するために必要となる「分析・戦略」「基本設計」「詳細設計」「実装」「管理」の5つのフェーズ。サーバ・コンソリデーションにおいても変わりはありません。特に重要となるのが「分析・戦略」フェーズ。サーバ・コンソリデーションにおいては、状況把握と視覚化によって現在のシステムを検証した後に、基本方針を策定します。まず、サーバのプラットフォーム別、アプリケーション別に分類・グループ化し、それぞれのグループに最適な標準機を検討します。
 
スケールアップによるサーバ・コンソリデーション

例 )Webサーバやアプリケーション・サーバの場合

Windowsを使用しているWebサーバやアプリケーション・サーバの統合には、HP BladeSystemによるスケールアウトのアプローチがお勧めです。
HP BladeSystemで実現するITコンソリデーション
VMwareを使ったサーバ統合

例) データベースサーバの場合

データベースサーバを統合する場合には、システムの規模によってスケールアップ/アウト、それぞれの手法が検討の対象となります。
  • 大規模データベースサーバの統合
    UNIX系のOSを使用している大規模データベースの場合、HP Integrity Superdomeなどハイエンド・サーバによるスケールアップのアプローチがお勧めです。
    HP Integrityサーバで実現するITコンソリデーション

  • 小規模データベースサーバの統合
    複数の小規模データベースを統合する場合には、HP Integrityサーバのエントリーレベルによるスケールアウトのアプローチがお勧めです。

関連リンク

HP Integrity サーバ
HP BladeSystem

前のページへ 最初に戻る  
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡