Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ
日本HPホーム
ソリューション >  大企業向け >  ITソリューション

ITコンソリデーション

製品・サービス:サーバ・コンソリデーション

ITコンソリデーション

概要
課題
解決策
Why HP?
シナリオ
製品・サービス
Consolidation TV
導入事例
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
事業継続・災害対策セルフアセスメントツール
中堅・中小規模システム向けの安価なデータ保護ソリューション
HP Converged Infrastructure
HPソリューションに関するお問い合わせはこちらから
コンテンツに進む

仮想化がポイントとなるストレージ・コンソリデーション

ストレージ・コンソリデーションは、SANによるストレージ統合が主流となります。その際に欠かすことができないのが仮想化技術。ストレージ仮想化の手法は主に3つの種類があります。
 
ストレージベースの仮想化
ストレージベースの仮想化
  • 仮想化手法
    • ストレージ筐体の機能により、筐体内の物理ディスク、テープと言った物理リソースをプール化
  • メリット
    • サブシステム内で自動的に仮想化を行うので、運用負荷が殆どない
    • 高パフォーマンス
  • 制限
    • 仮想化の影響範囲が単一のサブシステムに限られる
    • サブシステム間のデータ移行には別の実装が必要

ネットワークベースの仮想化
ネットワークベースの仮想化
  • 仮想化手法
    • SAN上の仮想化アプライアンスにより、複数ストレージ筐体をプール化
  • メリット
    • 仮想化の影響範囲が広い
    • 容易なデータ移行
  • 制限
    • 仮想化アプライアンスがボトルネックになる可能性
    • 異機種ストレージの接続サポートが限られる

サーバベースの仮想化
サーバベースの仮想化
  • 仮想化手法
    • サーバソフトウェアにより、サーバに提供されたLUNをプール化
  • メリット
    • 異機種ストレージをサポート
    • DAS、SANなどのトポロジーに依存しない
  • 制限
    • 仮想化にサーバリソースを使用
    • OSごとに異なるソフトウェアが必要
    • 別サーバからのアクセスは、プライマリサーバを経由する必要がある

ストレージの仮想化によってコスト削減と管理統合が同時に実現します。例えばHP StorageWorks XP12000を用いたストレージ・コンソリデーションでは、外部接続したアレイを統合し、あたかもひとつのストレージとして管理できます。外部接続には低コストアレイ(MSA)が利用できるため、大幅なコスト圧縮が可能。さらに、他社製品を含めたさまざまなストレージを統合でき、それらを一元的に管理できます。また、XPをサーバやアプリケーション毎のパーティションに分割することで、複数システムの共存や高いサービスレベルの維持を実現できます。

関連リンク

HP StorageWorks
情報ライフサイクル管理(ILM)
戻る     次のページへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡