Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

ソリューション  >  大企業向け >  ITソリューション

情報ライフサイクル管理(ILM)

【課題】情報マネジメント体制の確立のための3つの課題

情報ライフサイクル管理

概要
  課題
  解決策
  Why HP?
シナリオ
製品・サービス
関連情報
導入事例
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
HP Converged Infrastructure
HPソリューションに関するお問い合わせはこちらから
コンテンツに進む

なぜ情報管理が必要なのか?

情報を適切にマネジメントすることで、企業価値を高め、ビジネスを成功へ導き、そして発展を続ける為には、解決しなければならない3つの課題あります。それは「増大するコストへの対応」「コンプライアンスの遵守」、そして「企業の価値や競争力を高めるための情報活用」です。

増大するコストへの対応

ITの急激な発展により、企業内で扱われる情報は飛躍的に増大しています。特に、電子メールやインターネットを経由して収集される電子データと、そこから派生する二次的な電子データの増大が顕著です。これらの情報を管理するためのコスト削減やTCOの最適化などが問題となっています。

コンプライアンスの遵守

日本版SOX法や個人情報保護法、製造物責任法など、企業としての情報管理体制を問われる法令が増えています。情報ガバナンスの強化およびコンプライアンス体制の確立により、万一の際に対処するための情報管理体制を万全にしておく必要があります。

例えば、新聞紙面を賑わすことも多くなってきた製品の欠陥やリコールの問題。製造物責任法では製造者の責任が規定されており、消費者から自社製品の欠陥を指摘された場合、設計段階の資料など迅速に提出できなければ賠償責任など大きな問題になる可能性もあります。企業はこうしたリスクに常にさらされており、事が起きてからの対応では後手になってしまいます。

企業の価値や競争力を高めるための情報活用

例えば電子マネーやRFID (Radio Frequency Identification)など、トレーサビリティに優れ、高精度の情報を含むテクノロジーが増えています。驚くほどの速さで増え続ける電子データを「コスト負荷が増すだけの厄介なもの」と見るか、「有益な情報の宝庫」と見るかは、管理から活用を見据えた情報管理体制によります。増え続ける情報を的確に活用し、付加価値を高めることが企業の競争力を高めるポイントです。そのためには戦略的な情報管理・活用が不可欠です。
情報管理の3つの視点
図:情報管理の3つの視点
これら3つの課題に共通するキーワード、それが情報管理です。ビジネスとして情報を正しく管理し、有効に活用するための手法。それがILM(情報ライフサイクル管理)です。
戻る     次のページへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡