Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

ソリューション  >  大企業向け >  ITソリューション

情報ライフサイクル管理(ILM)

【Why HP?】情報ライフサイクル管理におけるHPのアドバンテージ

情報ライフサイクル管理

概要
  課題
  解決策
  Why HP?
シナリオ
製品・サービス
関連情報
導入事例
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
HP Converged Infrastructure
HPソリューションに関するお問い合わせはこちらから
コンテンツに進む

HPのILM(情報ライフサイクル管理)ソリューション

ILMの実践的な導入法。それは、部門や対象を限定し、部分的にスタートする方法です。そして精度や効果を確認しながらその対応範囲を拡大させるのが、最もリスクが少なく効果的な方法です。HPなら、インフラストラクチャの整備からコンサルティング、システムの導入まで、ILMに必要とされるすべてのサービスを一貫して提供することができます。

     
  HPのILM(情報ライフサイクル・マネジメント)ソリューション

ILMを実現する3つのステップとHPのソリューション

1. ILMの対象を選定

まず始めに必要となるのは、ILMを実施する対象の選定です。そのためには「どの部門に導入するか?」および「情報の種別・形態(メールやDB、ファイルなど)をターゲットとするか?」の2点が重要なポイントとなります。

2. 情報戦略・活用方針の策定

ビジネスの価値や管理コストなどを考慮した上で、管理する情報の活用ポリシーを策定します。これに基づいてサービスレベルの策定も実施します。

3. ITへの実装

策定した情報管理ポリシーに沿ってILMソリューションをITに実装します。HPでは、豊富なILMソリューションをご用意しています。 この3つのプロセスによって、ひとつの部門に導入されたILMが完成します。このソリューションによって得られたノウハウをフィードバックすることで、ILMを他の部門や対象に拡大する際にもスムーズな導入が可能となります。このプロセスを繰り返すことで、最終的には全社規模でのILMが実現します。

また、ILMの効果をより確かなものにするためには、インフラストラクチャの整備も忘れてはなりません。HPではアダプティブ・インフラストラクチャのコンセプトの基、トータルな環境整備を実現する豊富なソリューションをご用意しています。
戻る 最初に戻る  
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡
レファレンスデータ管理ソリューション(メッセージング) 事業継続ソリューション アダプティブ・インフラストラクチャ ITコンソリデーション